ダイバーシティマネジメント研修

ダイバーシティを学ぶことで
固定概念に捉われないマネジメントへ

管理職やリーダー層を対象としたダイバーシティマネジメント研修です。
ともに働くメンバーの国籍や性別、勤務体系などが多様化する中、
これまでのマネジメント観では対応しきれない問題が職場で起こっています。
多様な人材をマネジメントするための基礎を講義とケーススタディを通して学ぶことができます。

このような課題に対応できます。

  • 自分とは異なる価値観をもった部下とうまくコミュニケーションを取れない管理職が多い
  • 管理職のマネジメント観が凝り固まっていると感じる
  • 職場ですぐに使える実践的な研修にしたい

ダイバーシティマネジメント研修の特徴

ダイバーシティ

多様なメンバーをとりまとめるためのスキルを身に付ける

傾聴力やアサーティブコミュニケーションなどのスキルを学ぶことで、多様性を活かしたチーム作り・マネジメントの助けとなります。
マネジメント観に向き合う男性

自身のマネジメント観と向き合い、ブラッシュアップする機会に

一部の管理職はマネジメント観が凝り固まり、変化に対応できずにいます。講師や他の受講生との対話の中で自身のマネジメント観と向き合い、ブラッシュアップする機会として活用できます。
グループワーク

ケーススタディ中心の実践的研修

多様性によってもたらされる様々な葛藤場面をケーススタディで学ぶことにより、職場ですぐに実践できるコミュニケーションスキルを得ることが期待できます。

ダイバーシティマネジメント研修概要

対象者 管理職、リーダー層
身につくスキル・知識 ダイバーシティマネジメントの基礎知識、アサーティブコミュニケーション、傾聴力など
研修期間 1日~
推奨受講人数 10人~

ダイバーシティマネジメント研修プログラム例

 

ダイバーシティマネジメント研修

ダイバーシティマネジメントの基本理解

 

  • 講義 
    • ダイバーシティマネジメントとは
    • 求められる背景
    • 歴史
    • 他企業の活用事例
    • ミドルマネジャーに求められる役割
  • 実践演習
    • 多様性の高い組織と凝集性の高い組織の違い

 

多様性が生み出す複雑性への対処

 

  • 講義
    • Belief Systemとマネジメント観
    • 従来のマネジメント観に上積みすべき“厚み”とは        
  • 実践演習
    • 自身のマネジメント観チェック
    • 時短勤務の子育て女性社員の昇格に関する意思決定
    • 外国人社員からの不満の声への対応

 

ダイバーシティマネジメント研修 受講者の声

異なる価値観を理解するスキルとして「傾聴」と「アサーティブコミュニケーション」についての知識を得られたことが最も大きな学びでした。今までは100%集中してメンバーの話を聞けていなかったのだと痛感しています。週明けにメンバーとの面談があるので、即試してみます。(メーカー)
今までは漠然と「世代や性別、キャリアの違いがあるんだな」と感じるだけで、すべてのメンバーに同じような対応をしていました。今回の研修で学んだアサーティブコミュニケーションが今悩んでいることの解決につながりそうなので、職場で実践したいと思います。(ソフトウェア)
メンバーの属性や価値観が多様化しており、その対応に苦労していました。研修を受けたことで、自分が知らず知らずのうちに固定概念を持っていたということに気づかされ、マネジメントに苦慮していたのはこれが原因だったのだと気づくことができました。多様性が生み出す葛藤場面をいくつもケーススタディで学べたので、今後マネジメントしやすくなりそうです。(マスコミ)

その他のテーマ別研修

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
人材に関するお役立ち資料はこちらから