マネジメント研修

マネジメント層のスキルアップで
成果をあげる組織作りを支援

管理職や次世代リーダーを対象とした研修をご提案します。
係長や課長、部長など役職ごとの研修はもちろん、
チームビルディングや問題解決力などマネジメントに必要とされるスキル・マインドの研修も行っています。

このような課題に対応できます。

  • 新任の役職者にマネジメントの基礎と心構えを体系的に学んでほしい
  • マネジメント層は多忙なので効率的に研修を実施したい
  • 研修内容を現場で活かせているか検証したい

マネジメント研修の特徴

資料を作る女性

マネジメント層に求められるスキル・マインドを柔軟に提供

マネジメント層には役割認識や課題設定、部下育成など自分や組織、メンバーと向き合うための様々なスキルが求められます。お客さまの希望に合わせて必要なスキルを研修に組み込むことができます。
パソコンとメモ帳

eラーニングを併用したブレンディッドラーニング

アルーのeラーニング「etudes」で座学や研修後の振り返りを行い、集合研修ではケーススタディやディスカッションを中心に取り扱うことで、効率的な研修を実施できます。
フォローアップする社員

フォローアップ研修で研修の定着度を検証

研修の数ヶ月後に講師と受講生が集まり、研修で学んだ内容を職場で活かせたかどうか検証します。振り返りの機会を設けることで、やりっぱなしの研修になることを防ぎます。

マネジメント研修概要

対象者 管理職、次世代リーダーなどマネジメント業務を担う社員
身につくスキル・知識 役割認識、リーダーシップ、部下育成、部署の課題設定方法など
研修期間 1日~
推奨受講人数 10人~

マネジメント研修プログラム例

 

1日目 2日目 3日目

部長の役割を理解する

 

  • 講義
    • 課長との違い
    • 事業経営・変革の視点
  • 実践演習
    • 部長のマネジメントについて

 

インサイドアウトのリーダーシップ

 

  • 講義
    • 部長に期待される役割
    • インサイドアウトのリーダーシップとは

自己理解を深める

 

  • 講義
    • 充実度曲線とは
  • 実践演習
    • 充実度曲線の作成
    • 受講者同士での充実度曲線の共有
    • 自身のエネルギーの源泉は何か

 

部署のあるべき姿を言語化する

 

  • 講義
    • 自分の部署の存在意義を説明する
  • 実践演習
    • 自分の願いと部署の存在意義をつなげる
    • 自分の部署のあるべき未来を言語化する
    • 自身と部署に必要な変化

部署メンバーとの対話振り返り

 

  • 実践演習
    • 自部署でどのような対話がなされているか
    • メンバーの意見を取り入れた自部署の「あるべき未来」
    • 自身と部署に必要な変化

 

 

自部署の行動規範・文化を考える

 

  • 実践演習
    • 必要な変化を起こすための行動規範・文化を考える
    • 自身が持つべきメンタルモデル
    • 自身が捨てるべきメンタルモデル

 

 

 

 

 

マネジメント研修 受講者の声

4月にマネージャーに着任して以来、メンバーの業務内容の把握のためのヒアリングに重点をおいてきました。今後の方針をこれから示さなければいけない時期だったので、ちょうど今チームビジョンに関する研修を受けられて参考になりました。今回の研修で学んだことをもとに方針を作成し、メンバーに共有したいと思います。(メーカー)
リーダーの立場になったときのコミュニケーションについて演習やディスカッションを通して学びましたが、フィードバック、ティーチング、コーチングの違いについて今まで意識したことがなく、それぞれの特徴について理解できました。また、実際に演習で上司の立場を演じてみて、予想以上に相手を指導する際の言動の難しさに気づきました。(サービス)
個人としてではなくチームとして成果を出すことが管理職としての役割なのだと気づきました。自分で何でもやろうとせず、自分はなるべく大きなビジョン、運営管理を心掛けて実運用は部下に任せてみようと思います。今までのやり方とは異なるので不安もありますが、長年マネジメントを経験されてきた講師の方の言葉を参考にチャレンジしたいです。(サービス)

その他のテーマ別研修

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
人材に関するお役立ち資料はこちらから