OJTトレーナー研修

未来のリーダーの第一歩として
OJT指導力を身に付ける

OJTトレーナーを対象とし、後輩との関係構築力や業務依頼の方法、指導方法などをトレーニングする研修です。
OJTトレーナーの指導力を強化することで、新入社員の成長を促すことはもちろん、
OJTトレーナー自身のスキルアップにつながります。

このような課題に対応できます。

  • OJTトレーナーの指導力にばらつきがある
  • OJT指導がうまくいっておらず、新入社員のモチベーションが下がってしまった
  • 後輩指導を行いながら、OJTトレーナー自身にも成長してほしい

OJTトレーナー研修の特徴

新入社員

今どきの新人・若手の特性を捉えている

2017年4月実績において、約90社・約630クラス・約2.3万人の新入社員研修を実施しています。新入社員の強みや課題といった傾向を捉えているため、OJTトレーナーに対してもトレンドを押さえた指導方法をお伝えできます。
握手するビジネスマン

OJT制度設計・運用実績が豊富にある

金融会社をはじめ、様々な業界で育成担当者・OJTトレーナー・メンター研修の実績があります。
論文

理論背景に基づいた研修

経験学習理論、SL理論などの理論背景に基づいた研修をご提供します。新入社員の得意・不得意を考慮した上でかかわり方を選択する手法や、ティーチング・フィードバック・コーチングの使い方を理解し使い分けるコツをお伝えします。

OJTトレーナー研修概要

対象者 OJTトレーナー
身につくスキル・知識 関係構築スキル、フィードバックスキル、ティーチングスキル、コーチングスキルなど
研修期間 1日~
推奨受講人数 10人~

OJTトレーナー研修プログラム例

 

研修当日 フォローアップ研修(半年後)

OJTトレーナーとしての基礎力を身に付ける

 

  • 講義
    • OJTトレーナーのミッションと役割
    • OJTトレーナーに必要な心構え
    • 経験学習理論
    • OJTトレーナーがやれること
    • 関係性構築のコミュニケーション
    • フィードバックのポイント
    • イソロク指導
    • コーチング
    • OJT活動計画の考え方
  • 実践演習
    • 業務の依頼
    • 仕事以外の話をする
    • 効果的なティーチング

OJT活動の振り返り

  • 講義
    • 導入研修の振り返り
  • 実践演習
    • OJT活動を行う中でよかったこと
    • OJT活動を行う中で大変だったこと、工夫したこと
    • 今後、OJT活動を行う上で改善したいこと
    • OJTトレーナーの役割の再度考える

 

今後のOJT活動計画の策定

 

  • 講義
    • コーチングスキルとは
  • 実践演習
    • コーチングスキルを身につける
    • OJT行動計画のブラッシュアップ

 

OJTトレーナー研修 受講者の声

受講生同士で仕事のやりがいについて話し合ったことで、人それぞれメンタルモデルが異なるのだと実感できました。後輩を指導する際には、相手と自分の価値観が異なることを意識し、常に相手の発言に対して傾聴したいと思います。(サービス)
OJTとしての心構えや原則の部分を午前中いっぱいじっくりお聞きし、OJTトレーナーとしてのみでなくこれからの社会人生活の上で意識していきたい学びを得ることができました。また、それらはOJTトレーナーのみでなく、会社、組織の人間全員が認識し、意識すべきことではないかと感じました。年次や役職などにこだわらず、何度参加してもよい研修だと思います。(メーカー)
OJTトレーナー活動し始めて半年ほど経ち、自分のやり方が正しいのか悩み始めていた時期だったので、このようなフォローアップの研修があって助かりました。他のOJTトレーナーと悩みの共有ができて心が楽になりましたし、講師や他のOJTトレーナーからアドバイスをもらえて参考になりました。(サービス)

その他のテーマ別研修

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
人材に関するお役立ち資料はこちらから