2021年5月13日開催
認知科学と第二言語習得の観点で考える、
ビジネスマンにとって合理的な
英語コミュニケーション学習法

セミナー

認知科学と第二言語習得の観点で考える、ビジネスマンにとって合理的な英語コミュニケーション学習法
世界中でテレワークが定着してきており、オンライン会議の普及により、国内外の仕事関係者と英語でコミュニケーションをとる機会が増えました。その結果、どのように英語力を短期間で効果的に上げるかが課題になっています。”楽して”ではなく、いかに”合理的に楽しんで”英語を学ぶかという点について、認知科学や最新の第二言語習得の観点から、大手企業の英語研修の実情を知り尽くしたR&D責任者が、ご紹介します。


<セミナーの特長・内容>
1.認知科学より
 脳科学最前線
 ・記憶(長期記憶、短期記憶)の仕組みと言語学習との関係性
2.第二言語習得より
 インプット(単語とリスニング)
 ・最新の単語学習の科学
 単語を覚えるという事は、どういうことか、効率的な学習法は?
 どんな単語を覚えると良いのか?
 ・英語リスニングにとって大事なことは
 音理解のポイント
 意味理解のポイント
3.アウトプット(スピーキング)
 ・英語は、知っているのに、なぜ話せないのか
 ー言語間の距離(日本語・英語・中国語・スペイン語・・・)
 語順・リスニング・文化スキーマ等の観点
 ー日本人学習者の苦手を踏まえた学習方略 
 ー脳の自動化・知識の身体化
4.動機付け
 目標設定・学習計画と進捗の管理・終了時アセスメント(課題)について
5.質疑応答
実際の語学施策担当者から頂いた課題、貴社の課題に対して、効果的な語学施策の考え方や手法についてご紹介及び個別にアドバイスいたします

こんな方におすすめ

ビジネススピーキング力の効率的な向上方法を知りたい
学習しているのに身に付かない、伸び悩んでいるという人に対するアプローチについて知りたい
リスニングが苦手でネイティブの言っていることが理解できないリスニング力を上げるコツを知りたい
短期的にスピーキング力を上げたいが、コロナで留学や赴任ができなくなって困っている

セミナー概要

日時 2021年05月13日(木) 11:00~12:00(日本時間 GMT+9)
対象 人事部門・グロバルHR部門・海外部門・駐在員・教育部門などの研修企画・実施に関わる方

参加費

無料

配信形式

Webセミナー(Zoom Webinar)

申込期限

05月12日(水) 0:00まで(GMT+9)
セミナーURL送付 05月12日(水)中に送付します
参加方法 メールでご案内するZoomのURLから参加ください

備考   

研修を事業とされている企業などの同業他社様、「個人」の方のお申込みはご遠慮いただいております。

こちらのセミナーは、05月26日開催「認知科学と第二言語習得の観点で考える、ビジネスマンにとって合理的な英語コミュニケーション学習法」と同様です。

締め切りました

登壇者

湯川 泰行
アルー株式会社 商品開発部 
グローバルサービス開発G グループマネージャー

湯川 泰行

日米の認知科学会、言語科学会・第二言語習得学会所属。
長年大手企業のグローバル人材育成研修の設計・実施に携わる。
常に多くの受講生の課題に向き合う中で、より効果的な育成成果を探求し続けている。

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
人材に関するお役立ち資料はこちらから