2020年10月20日開催
異文化対応力を強化する
非言語コミュニケーションセミナー

セミナー

 異文化対応力を強化する非言語コミュニケーションセミナー
コロナの影響により、海外拠点への人材の派遣や、海外からの人材の受け入れなどができなくなっている一方で、オンラインで海外の顧客やパートナーなど関係者とコミュニケーションをとる機会が増えてきています。
海外の人たちと円滑に仕事やコミュニケーションを行うためには、英語で言葉を正確に伝えることはもちろん必要ですが、人が相手に与える影響は言語情報7%、聴覚情報38%、視覚情報55%と言われ、言葉の内容よりも表情、態度など非言語のメッセージが相手に与える影響が大きいと言われています。
しかし、この非言語コミュニケーションが及ぼす影響を、海外の人とのコミュニケーションにおいて十分に認識されていないことが多くあり、それによって現場でのコミュニケーション摩擦に繋がっています。
セミナーでは、日本人が無意識のうちに誤解を与えている事例や、現地やオンライン環境での非言語コミュニケーションの使い方をご紹介していきます。また、そうしたスキル育成のためのeラーニングもご紹介いたします。
是非、海外の人たちと仕事をしていく上でのコミュニケーションスキル向上に関するヒントをお持ち帰りください。

本セミナーは、以下のようなお悩みにお役に立てるセミナーとなっております

コロナにより海外拠点への出張や赴任が止まる一方で、オンラインでの商談や面接、ミーティングの機会が増えている
日本人社員と現地の関係者とのコミュニケーションがうまくいっていない
英語以外にも説得力を上げるコミュニケーションを知りたい
海外の顧客とのオンライン商談での見せ方を知りたい

セミナー概要

日時 2020年10月20日(火) 14:00-15:00(日本時間)
対象

・グローバル人材育成ご担当の方
・人事部、人材開発部門の研修企画ご担当の方 
・組織開発部門等でダイバーシティ担当の方

同業他社様のご参加はご遠慮お願いいたします。

参加費

無料

配信形式

Webセミナー(Zoom Webinar)

申込期限

10月19日(月)00:00(GMT+9)
セミナーURL送付 10月19日(月)中に送付します
参加方法 メールでご案内するZoomのURLから参加ください

備考   

テキストテキスト

締め切りました

セミナー資料を一部公開

1.非言語コミュニケーションの種類と影響力
コミュニケーションにおいて、非言語がいかに無意識のうちに相手に影響を与えているかをお伝えします。また、身体の部分(例えば、表情の部分)にも注目し、相手の感情を読み解き方や自己表現を認識するポイントを紹介します

2.グローバル環境で日本人が誤解される非言語コミュニケーション
実際に現場で起こるコミュニケーションの摩擦を、事例を使って学んでいただきます

3.オンライン空間での非言語コミュニケーションの使い方
オンライン環境下で自己表現が限られる中、説得力を上げていくための非言語コミュニケーションの工夫についてお伝えします

4.eラーニングで学ぶ非言語コミュニケーション
非言語コミュニケーションのスキルを向上していくためのeラーニングについて紹介します

5.質疑応答
貴社の課題について個別にアドバイスいたします

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
人材に関するお役立ち資料はこちらから