catch-img

ChatGPT研修の内容とは?目的や実施の注意点まで解説


昨今大きな話題を呼んでいるChatGPT。人間の呼びかけに対して自然な応答ができるAIツールで、ビジネスの現場でもさまざまな方法で活用されています。

ChatGPTを使ってビジネスの成果を出すためには、ChatGPT研修の実施が効果的です。この記事では、ChatGPT研修で扱う内容や研修を実施する目的、実施する際の注意点を解説します。


【人事担当者の皆様へ】ChatGPT研修での学びを実践してもらう秘訣をご存じですか?


ビジネススキル研修



目次[非表示]

  1. 1.ChatGPT研修の内容
  2. 2.ChatGPT研修の対象者
  3. 3.ChatGPT研修の目的
  4. 4.ChatGPTに関する研修・セミナーの重要性
  5. 5.ChatGPTを取り入れた研修
  6. 6.ChatGPTのビジネス利用事例
  7. 7.ChatGPT研修を実施する上での注意点
  8. 8.まとめ


ChatGPT研修の内容

ChatGPTを使えば、さまざまな問いかけに対する自然な文章を素早く作成できます。ビジネスの場面で求められる文章作成はもちろん、自分の書いた文章をChatGPTに添削してもらったり、修正してもらったりするといった使い方も有効です。

それでは、ChatGPT研修では具体的に何を扱えばよいのでしょうか。ChatGPT研修で取り上げたい内容を5つ解説します。


ChatGPTの基本操作

ChatGPT研修では、まずChatGPTの基本操作について扱いましょう。

ChatGPTは対話型のツールとなっているため、普段からAIツールを使っていない社員であっても使いやすいUIとなっています。ChatGPTの基本操作をレクチャーする際は、言葉で説明するよりもまずは遊んでみる感覚で試しに使ってもらうのがよいでしょう。

なお、ChatGPTを作成する際にはメールアドレスや、ショートメッセージを使える携帯番号が必要です。企業の端末でChatGPTを利用する際は、セキュリティ上の問題がないかどうか事前に必ず確かめておきましょう。


求める回答を引き出す質問方法

ChatGPTはどのような質問に対しても自然な文章で答えてくれますが、いつも望み通りの回答が返ってくるとは限りません。ビジネスで活用できるような望み通りの文章を引き出すためには、いくつかの質問テクニックをおさえることが重要です。

ChatGPT研修では、求める回答を引き出す質問方法を解説し、実践させてみるのもよいでしょう。「曖昧な聞き方をしない」「『一つずつ考えて答えて』といった特定のキーワードを加える」といったように、ChatGPTの回答の質を向上させる手法を身につけてもらうのがおすすめです。


ChatGPTで業務をスピードアップさせる方法

ChatGPTは非常に便利なツールであり、さまざまな活用方法が考えられます。ChatGPT研修を通じて、ChatGPTをどう自分の業務に活用できるのかを考えてもらうのもおすすめです。

文書作成にChatGPTを活用することもできますし、ChatGPTに文書の添削を任せるのも手です。さらに、ChatGPTはエクセルで使う関数やマクロなどのプログラミングも得意としています。「〇〇の機能を持ったマクロを作って」などと問いかければ、日常業務の効率化につながるでしょう。


演習・ワークショップ

ChatGPT研修では、演習やワークショップなど実践型の内容を豊富に盛り込むとよいでしょう。

ChatGPTはAIツール初心者でも簡単に使うことができる点が特徴です。ただし、ChatGPTから望み通りの回答を引き出すのには多少の慣れが必要です。ChatGPTとの対話を繰り返すことによって、ChatGPTの癖や回答の傾向が徐々に見えてきます。「議事録を作成する場面でChatGPTを活用する」といったような具体的な場面を想定した演習を盛り込むなど、研修中にChatGPTを使う場面を用意してみましょう。


ChatGPTでやってはいけないこと

ChatGPTは非常に便利なツールですが、ビジネスで活用する際にはいくつかの注意点も存在します。ChatGPT研修では、ChatGPTでやってはいけないことや、ChatGPTを使用する際の注意点について解説するのも重要です。

具体的には、まず情報漏えいのリスクが挙げられます。ChatGPTに対して入力した文章はChatGPT側のサーバーへ保存されるため、機密情報をChatGPTに入力するのは避けるべきです。また、もっともらしい文章で事実と異なる情報を出力するハルシネーションという現象も知られています。ChatGPTに機密情報を入力しない、必ず人の目でレビューを行うなど、ChatGPTを活用する際のルールを事前に策定し、研修で伝えることが重要です。


ビジネススキル研修


ChatGPT研修の対象者

	ChatGPTイメージ

ChatGPTは、プログラミング系のタスクに強いAIです。実際、エンジニアがコーディングを行う際にもChatGPTが大いに活用できます。ChatGPT研修を実施する際は、エンジニアを対象としてChatGPTをコーディングに活用する方法を解説するのがおすすめです。

また、非エンジニアの社員を対象として、ビジネス文書の作成などにChatGPTを活用する方法をレクチャーするのもよいでしょう。ChatGPTから望み通りの回答を得る方法を学んでもらったり、ChatGPTを使って作成したExcel関数を実際に使う流れなどを確認したりすると、非エンジニアの日常業務の効率化につながります。


ChatGPT研修の目的

ChatGPT研修を行う目的は、主にChatGPTを使った業務効率化を進めることです。また、ChatGPTはなんでも任せられる万能ツールではありません。ChatGPTのデメリットやリスクについて知ることも重要です。ChatGPT研修の目的を2つ解説します。


ChatGPTを使って業務効率化を図る

ChatGPT研修を実施する目的の1つめは、ChatGPTを使った業務効率化を実現することです。ChatGPTはまだ登場してからそれほど時間の経っていないツールなので、まだ活用イメージが湧いていない社員も多いでしょう。

ChatGPT研修を通じてChatGPTを業務で活用するまでの一連の流れを学んでもらえば、現場の業務効率化に直結します。AIによって日常業務を効率化できれば、組織の生産性や業績向上にもつながるでしょう。ChatGPT研修が終了した後に、現場からのボトムアップでChatGPTの活用が進むのが理想です。


ChatGPTのデメリットやリスクを知る

ChatGPTは非常に便利なツールですが、情報流出や誤情報の拡散といったリスクもはらんでいます。企業から機密情報が流出してしまった場合、社会的信用の低下のみならず、損害賠償などで金銭的な損害を被る可能性も高いです。

ChatGPT研修を実施する目的の2つめは、ChatGPTのデメリットやリスクを知ることです。ChatGPTにどのような危険性があり、どういった使い方を避けるべきなのかを研修で学べば、ChatGPTの持つリスクを最小限に抑えることができます。先述した通り、事前に企業内でのChatGPT活用ルールを策定するなど、研修を通じてChatGPTに関するリスクマネジメントを行うのが重要です。


ビジネススキル研修


ChatGPTに関する研修・セミナーの重要性

	AI入力イメージ

ChatGPTに関する研修やセミナーは、徐々にさまざまな企業で実施されるようになってきています。それでは、どうしてこれほどまでChatGPTに関する研修やセミナーが重要視されるようになってきたのでしょうか。

そもそもChatGPTとはどのようなツールで、なぜChatGPT研修が必要なのかを解説します。


ChatGPTとは

ChatGPTとは、OpenAIが開発した人間のように自然な会話ができる対話型のAIツールです。2022年11月に公開された同サービスは、人間の書いた文章と区別がつかないほど洗練された文章を出力することで一躍脚光を浴びました。

リリース後も世界中のさまざまな場面で活用が進み、2023年1月にはユーザー数が1億人を突破するなど目覚ましい成長を見せています。さらに、2023年3月にはさらに性能が向上した「GPT-4」がリリースされたことでも話題となりました。日本は特にChatGPTの活用が至るところで進んでおり、2023年7月には日本政府へChatGPTの最新版サービスを提供する予定であることが報じられています。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA25DE00V20C23A7000000/


ChatGPT研修はなぜ必要?

ChatGPTはとてもシンプルな見た目をしているため、一見研修を実施しなくても社員が使いこなせると思うかもしれません。それでは、どうしてChatGPT研修が必要なのでしょうか。

研修を実施する意義として、第一に対話型AIならではの質問のコツを習得する必要性が挙げられます。先述した通り、ChatGPTの返答にはやや癖があります。ChatGPTから望み通りの答えを引きだすための質問方法を学べば、ビジネスにもスムーズに活用できるでしょう。また、ChatGPTを活用する際には情報流出などのリスクが存在します。研修なしで活用させてしまった場合、法的リスクやリテラシーリスクが大きいことも、ChatGPT研修が必要な理由です。


ビジネススキル研修


ChatGPTを取り入れた研修

最近では、議事録研修や情報収集・情報分析研修といった特定のビジネススキル研修にChatGPTを取り入れるケースが出てきています。既存のビジネススキル研修にChatGPTを活用することで、ビジネスの現場でChatGPTを活用するイメージが湧きやすく、実践的なスキルが身につきやすいという点がメリットです。


ビジネススキル研修の演習にChatGPTを取り入れる

最近では、議事録作成や情報収集といったさまざまな場面でChatGPTを活用する事例は多いです。ChatGPTを取り入れたビジネススキル研修を実施すればChatGPTの使い方に慣れてもらえるだけでなく、ビジネススキル研修の内容を現代にあったものにアップデートできます。

さらに、ChatGPTを実践形式で使う練習ができるため、現場での活用につながりやすい点もメリットです。ここからは、ChatGPTと組み合わせると効果のあるビジネススキルの研修例をご紹介します。


ChatGPTと組み合わせると効果あり!ビジネススキル研修例

ChatGPTと組み合わせると効果のあるビジネススキルの研修例としては、以下のようなものが挙げられます。


  • 議事録研修
  • 情報収集・情報分析研修
  • ロジカルシンキング研修
  • 問題解決研修
  • 戦略策定研修


ChatGPTと組み合わせると効果の高いビジネススキルについて、一つずつ解説していきます。


議事録研修

議事録をまとめるのは一見簡単に思えますが、ただ単に会議を文字に起こすだけでは不十分です。会議の流れや要点を踏まえた上で、わかりやすくまとめる必要があります。

議事録研修では、議事録を作成する際のポイントやビジネス文書の基本的な書き方について学びます。ここにChatGPTを取り入れ、ChatGPTを活用しながらどう議事録を仕上げていくのかを学んでもらうと効果的です。ChatGPTに自分の文章を要約してもらう、違和感のある部分を修正してもらうといった使い方が考えられます。

議事録を作成するときなどに役立つビジネス文書能力を鍛えるアルーの研修は、以下のページをご覧ください。

ビジネス文書研修

▼資料ダウンロードはこちら

  『ビジネス文書研修』資料ダウンロード 「ビジネス文書研修」の資料をダウンロードいただけます。ビジネス文書は相手の立場に立ち、相手の知りたいことをわかりやすく書くことが重要です。 アルー株式会社


情報収集・情報分析研修

ビジネスにおいて、情報収集や情報分析は非常に大切です。例えばマーケティング職ではマーケットの動向や競合他社の状況をサーベイすることが欠かせませんし、エンジニアはITトレンドについて常に最新の情報をキャッチアップしておく必要があります。

こうした情報収集や情報分析は、ChatGPTの得意分野です。情報収集や情報分析研修にChatGPTを取り入れ、素早く的確に欲しい情報を見つけるスキルを磨いてもらいましょう。なお、ChatGPTは事実と異なる情報をもっともらしい文章で出力する場合があるため、注意が必要です。情報の正確性にも注意を払えるよう、事実確認をする癖をつけましょう。


ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキングは、相手にわかりやすく物事を伝える上で重要です。また、わかりやすいビジネス文書を仕上げる際にも、論理的な思考を展開する必要があります。

ロジカルシンキング研修を、ChatGPTの活用と組み合わせて実施するのもよいでしょう。ChatGPTを使いながら論理的な思考を展開したり、ChatGPTに自分の書いた文章の論理性を検証してもらったりといった活用が考えられます。また、ChatGPTは情報を図式化することもできます。図式化の幅出しもでき、これまで自分で行っていた図式化業務を効率化することにつながるでしょう。

プレゼンや報告など、ビジネスのさまざまな場面で役立つアルーのロジカルシンキング研修は、以下のページをご覧ください。
ロジカルシンキング研修

▼資料ダウンロードはこちら

  『ロジカルシンキング研修』資料ダウンロード 「ロジカルシンキング研修」の資料をダウンロードいただけます。分かりやすい口頭報告や簡潔でポイントを押さえたビジネス文書作成など、あらゆるビジネスの場面で役に立つロジカルシンキングの基本的な思考プロセスとスキルを身につけます。 アルー株式会社


問題解決力研修

職場で問題解決を実践するためには、問題解決そのもののスキルに加え、潜在的な問題を発見し、周囲を巻き込みながら問題を解決していく力が重要です。こうした問題解決に必要な力を鍛えるのが、問題解決研修です。

問題解決力研修にChatGPTを活用するのもおすすめです。ChatGPTを使えば、ビジネスに関連する課題や解決策をリストアップしたり、文章に書き起こしたりすることができます。時には社員が思いもよらなかった視点から意見を述べてくれる場合もあるため、うまく活用すれば問題解決力の向上に役立つでしょう。

問題解決力を磨くアルーの問題解決研修は、以下のページをご覧ください。
問題解決力研修


戦略策定研修

戦略策定研修は、経営戦略や具体的な戦術を決定するために必要なスキルを磨く研修です。具体的には、自組織や外部の環境分析を行う力、強みや弱みの分析結果を部門の戦略や方針に落とし込む力、行動計画を策定する力などを取り扱います。

戦略策定研修もChatGPTの活用と組み合わせて実施するのがおすすめです。個々の課題に合わせた経営戦略をChatGPTが直接策定するのは難しいですが、例えば環境分析の際にChatGPTを活用したり、企業の抱える課題に関する一般論をChatGPTに聞いて計画立案の参考にしたりすることができます。


ビジネススキル研修


ChatGPTのビジネス利用事例

	AI使用イメージ

ChatGPTは、顧客対応の自動化や外国語の翻訳、プログラムコードの生成などビジネスのさまざまな場面で活躍します。ChatGPTを活用すれば、主に文章やコードを書く仕事を大幅に効率化することが可能です。ChatGPTをビジネスで利用する具体的な場面を見ていきましょう。


顧客対応の自動化

ChatGPTの活用事例としてポピュラーなものの一つが、顧客対応の自動化です。従来はコールセンターや担当者によるチャット、メール対応など人の手で担っていた顧客対応を、ChatGPTで作成したチャットボットによる自動応答に切り替える事例があります。

ChatGPTを顧客対応に活用するメリットとして、24時間365日の対応が可能になり、顧客満足度の向上が見込める点が挙げられます。また、顧客対応にかかる人件費なども削減できるため、コスト面でもメリットが大きいです。なお、顧客対応を完全にChatGPT任せにはせずに、人の手によるモニタリングを挟んだり、質問内容によっては担当社員が直接対応したりといった、従来の顧客対応との組み合わせも有効です。


外国語翻訳

ChatGPTは、翻訳タスクにも強いです。特に、ChatGPTの最新版であるGPT-4は26の言語に対応しています。日本語や英語はもちろん、ドイツ語やフランス語、韓国語やアラビア語などの翻訳が可能です。外国語翻訳へChatGPTを活用するのもおすすめです。

ChatGPTを活用すれば、自動翻訳ボットを作ることができ、社内でのコミュニケーションが円滑化します。既存の翻訳ツールと比べても高い精度で自然な日本語が出力されるため、海外拠点とのコミュニケーションなどにも活用できます。


プログラムコードの生成

ChatGPTは、プログラミングに活用することもできます。エンジニアを中心に、プログラムコードの生成にChatGPTを活用するのも良いアイディアです。

ChatGPTでプログラムコードを生成する際は、「〇〇という機能を持った関数をPythonで書いて」というように指示を与えます。この際、一回のやり取りで望み通りのコードが出力されないことも多いです。ChatGPTの書いたコードを手元で試しながら、必要に応じて「〇〇の部分を直して」といった具合に指示を与え、徐々に望み通りのコードに近づけていきましょう。


ビジネススキル研修


ChatGPT研修を実施する上での注意点

ChatGPT研修を実施する際には、まずChatGPTが万能ツールではないことを理解してもらいましょう。ChatGPTはどんな質問にも難なく答えてくれるような優れものに思えますが、あくまでもインターネット上などの情報を集めて回答を生成しているだけなので、正確でない情報を答える場合があります。また、情報漏えいのリスクにも注意が必要です。

また、ChatGPT研修では実践的な内容を組み込むよう注意しましょう。ChatGPTの操作方法を教えるだけでなく、どうすればビジネスに活用できるのかという点まで踏み込んでレクチャーするのが重要です。


ビジネススキル研修


まとめ

ChatGPTを活用するための研修について、扱いたい内容や研修の目的、研修実施時の注意点などを解説しました。この記事で解説したようにChatGPTにはいくつかの注意点がありますが、活用方法次第ではビジネスの効率を飛躍的に向上させることのできる、魅力あるツールです。

研修を実施する際も、ロジカルシンキングや情報収集など既存の研修にChatGPTを組み込むことで、研修内容を現代にあったものにブラッシュアップできます。ぜひこの記事の内容を参考にChatGPT研修を実施して、効果的なChatGPTの活用を進めていきましょう。


ビジネススキル研修


お問い合わせ
無料資料請求
メガメニュー格納セクション

おすすめセミナー

人気記事ランキング

タグ一覧

お問い合わせ
ページトップへ戻る