catch-img

DX人材に求められるスキル・マインドとそのレベル


DX人材とは、近年業種や業界を問わず重視されているDXを進めていく人材のことです。

デジタル技術や実務への精通はもちろんのこと、事業変革に向けた課題発見力やデータ分析力など、さまざまなスキルが求められます。

しかし、現状多くの日本企業ではDX人材が不足しているといわれています。

この記事では、全社的なDXを推進していくうえで欠かせない存在であるDX人材の育成ノウハウや、DX人材にはどのようなスキル・マインドが必要なのかについて解説します。


	【人事担当者の皆様へ】DX研修での学びを実践してもらう秘訣をご存じですか?.




目次[非表示]

  1. 1.DX人材に求められるスキル
    1. 1.1.課題発見力
    2. 1.2.デジタル理解力
    3. 1.3.DX変革期に「デジタル理解」が重要
    4. 1.4.データ分析力
    5. 1.5.DX運用期に「データ分析力」が重要
  2. 2.DX人材はITスキルのみならずマインドセットも求められる
    1. 2.1.自律的学習力
    2. 2.2.不確実な未来への創造力
    3. 2.3.臨機応変/柔軟な対応力
    4. 2.4.社外や異種の巻き込み力
    5. 2.5.失敗したときの姿勢/思考
    6. 2.6.モチベーション/意味づけする力
    7. 2.7.いざというときの自身の突破力
  3. 3.DX人材としてのスキルを身につけてもらう方法
    1. 3.1.研修を行う
    2. 3.2.社内外でのつながりを広げる
    3. 3.3.OJTの機会を増やす
  4. 4.DX人材としてのスキルを身につけさせる際の注意点
    1. 4.1.(前提)なぜDXが必要なのかを明確にする
    2. 4.2.丸投げはせず、会社全体で行う
    3. 4.3.育成の優先順位をつける
    4. 4.4.身近な課題解決から始める
    5. 4.5.成功体験を社内でシェアする機会を設ける
  5. 5.DX人材のスキルを社員に身につけてもらうアルーにお任せください


DX人材に求められるスキル

一般的に、DX人材には大きく分けて3つの能力が求められるといわれています。

企業のDXを効果的に推進できるDX人材を育成するためには、これらの能力をまんべんなく伸ばすことが効果的です。

以下にて、DX人材に求められる具体的なスキルを一つずつ確認していきましょう。


課題発見力

そもそもDXとは、自分自身の業務や職場が抱えている問題点を、デジタルの力を用いて解決していくことを指します。

DX人材が問題点を発見することではじめて、業務改善に向けてのロードマップを策定する、デジタル化によって問題点を解決するといった施策ができるようになります。

業務プロセスやビジネスモデルにおける潜在的な問題点を発見する能力は、DX人材にとって中核となるスキルです。

DX人材を育成する際は、まずは課題発見力を伸ばすようにしましょう。

課題発見力について詳しくは以下の記事もご覧ください。

課題発見力とは?習得するための5つのポイントとベストな研修方法


デジタル理解力

デジタル理解力とは、IT・ソフトウェアの活用能力や人工知能に対する基礎知識を指します。

DX人材には、当然ながら高いデジタル理解力が必要不可欠です。

デザイナーやプロデューサーといったIT技術を直接取り扱わない職種の社員は、ITに関する知見をほとんど持たないという場合も少なくありません。

しかし、DXを現場に浸透させて根本的な問題解決を行うためには、社員のITスキルを底上げする必要があります。

DX人材自身が高いデジタル理解力を持つことによって、現場レベルでの効果的なDX推進が期待できます。


DX変革期に「デジタル理解」が重要

デジタル理解力はプロダクト開発を行うエンジニア以外にも求められます。たとえば、他社のデジタルツールを導入する際にもデジタル理解力が必要です。

現状のアナログ業務の課題をデジタルでどう解決できるのか、業務フローはどう変わり、ステークホルダーにどのような影響が生まれるのか、などを周囲に説明できるレベルで理解する必要があるからです。


データ分析力

データ分析の技術は常にアップデートされており、年々精度は高まってきています。

DX人材には、数理・データサイエンスに関する知見も必要不可欠です。

特に近年では、ビッグデータがビジネスのさまざまな場面で活用されるようになりました。

そのため、データ分析の結果から今後のビジネスのあるべき方向性を決める場合も少なくありません。

現代において、データ分析力が企業の業績に直接影響を与える場合も多くあります。

企業レベルの意思決定の場面でも中核的な役割を果たすDX人材には、高いデータ分析力が求められるといえるでしょう。


DX運用期に「データ分析力」が重要

アナログ業務をデジタルツールに置き換えると、データが溜まり始めます。これらのデータを活用してビジネス全体を変革する「運用フェーズ」こそがDX推進において重要です。

ただアナログ業務をデジタルに置き換えただけでは、デジタイゼーションを成し遂げただけになってしまいます。DX人材に求められるのは、データを用いてビジネスモデルの変換を行ったり、業務効率化による生産性向上を成し遂げたりといった一歩先の取り組みです。

データ分析には統計などの専門的な知識やスキルが必要です。しかし、社内にはデータ分析について知見のある者がいないケースもあるでしょう。

その場合には、外部研修を活用しデータ分析力を身につけてもらうことが有効です。

アルーでは、現場社員がDX・デジタル活用を行えるようになるための「DX・デジタル活用人材研修」をご提供しています。詳しくは「DX・デジタル活用人材研修」をご覧ください。

▼DX・デジタル活用人材研修の資料はこちらからダウンロードできます。

  デジタル活用人材研修サービス資料 現場社員のDX化に特化した「デジタル活用人材研修」のサービス資料をダウンロードいただけます。今までのDX研修では効果が得られなかった方、デジタル初心者へのDX研修を検討している方におすすめです。 アルー株式会社



DX人材はITスキルのみならずマインドセットも求められる

ひらめきのイラスト

ここまでDX人材に必要とされるスキルを解説してきました。

しかし、DX人材はこれらのスキルだけを身につければ良いというわけではありません。

高い課題発見力やデジタル理解力のほかに、さまざまなマインドセットが求められるのがDX人材です。

DX人材に必要といわれているマインドセットについて確認していきましょう。


自律的学習力

DX人材が専門とするデジタル領域では、日々新たなツールや分析手法が生まれていく業界です。

そのため、2〜3年前の技術や知識が時代遅れとなってしまうということも少なくありません。

変化の激しいデジタル領域についていくためには、自律的に学習を続ける「自律的学習力が必要不可欠です。

専門知識を一度学んで終わりとするのではなく、「常に新しい技術や知見を得る」や「新しいことを試す」といった継続的に学習する姿勢が求められます。


不確実な未来への創造力

上述したようにDX人材は自ら課題を設定し、課題解決に向けたロードマップを策定することが必要です。

たとえデジタルに関する知見を保有していたとしても、「課題の発見ができない」「効果的な改善案を提示できない」という場合は意味がありません。

予測の難しい不確実な未来に対応するためにも、DX人材は「取り組むべき領域を自ら定める」「新しい分野への取り組みに積極的になる」といった未来への創造力が必要です。

自分自身で在りたい未来を描き、未知の事柄にも積極的に挑戦するマインドセットを身につけましょう。


臨機応変/柔軟な対応力

DXを推進する際、スケジュールや推進計画を策定することが基本ですが、必ずしも計画取りDXが進行するとは限りません。

特にプロジェクトや企業が大規模なものになればなるほど、予想外の事態が発生し、スケジュールが変更になるなどの事態は発生します。

DX人材は、計画通りにマネジメントが進まない場合でも臨機応変に対応できる柔軟性が求められます。

当初の計画にこだわりすぎず、外部の状況変化を踏まえた柔軟な意思決定ができる能力が重要です。


社外や異種の巻き込み力

企業は、技術職や営業職、研究職、デザイナーなど、さまざまな職種の人材が協力して成立しています。

場合によっては「DXに対する理解が得られない」や「今の業務の進め方にこだわるメンバーがいる」といった事態も発生するかもしれません。

そのため、DX人材には周囲のメンバーを積極的に巻き込む「巻き込み力」が求められます。

社員を巻き込むことはもちろん、取引先や関係者といった社外を巻き込むことが重要です。

社内外のメンバーとの関係構築を行うことにより、DXをよりスムーズに進められるようになるでしょう。


失敗したときの姿勢/思考

DXは必ずしも計画通りに進まないというのは、先述した通りです。

それ以外にも、「導入したITツールが現場に浸透しなかった」や「DXに対する現場の理解がなく、反発を招いてしまった」といったDX自体が失敗してしまうことも往々にしてあります。

DXに失敗はつきものであり、一時的な失敗は最終的な成功に向けた過程に過ぎません

DX人材はこのことをよく理解したうえで、失敗を成長の糧とできるような考え方や姿勢を身につけることが大切です。


モチベーション/意味づけする力

DXを進めるうえで、「そもそもなぜDXを進める必要があるのか?」という問いが常に重要です。

DXを進める意味が明確化すれば、現場にDXの必要性を説明する際にも役立ちます。

企業レベルでの意思決定に携わることもあるDX人材は、課題に取り組みたいと自分自身で考えるモチベーションが何よりも大切です。

DXに自分自身で意味付けを行い、自分の言葉で必要性を説明できるような人材を育成しましょう。


いざというときの自身の突破力

DX人材は、ただ単にソフトウェアやITツールを導入するという役割ではありません。

重要な意思決定や業務プロセスの改革を行うといったリーダーシップが求められる場面が多いのがDX人材の特徴です。

困難な状況に陥ったときでも諦めず、さまざまな方法で解決を模索する「突破力」もDX人材に必要なマインドセットの一つです。

DX人材は高い責任感を持つとともに、周囲に信頼されるような人物であることが求められます。



DX人材としてのスキルを身につけてもらう方法

DX人材として必要なスキル・マインドセットを見ていきました。

実際にこれらの能力を持ったDX人材を育成するためにはどのような施策が有効なのでしょうか。

DX人材の育成を行う際、研修の実施や社内外との交流、さらにはOJT機会の増加といった取り組みが効果的です。

下記では、DX人材としてのスキルを身につけてもらう方法について紹介します。


研修を行う

DX人材を育成する際には、研修の実施が有効な方法です。

特にIT技術や数理能力・データ分析能力といった分野は座学の重要性が高く、研修による教育が効果を発揮するといえます。

研修実施方法は多岐にわたりますが、よく実施されるのはハンズオン講座形式での実施です。

実際にビッグデータを操作することにより、実務でDXを行うイメージを膨らませることができます。

そのほかにも、深い専門知識やユニークな経験を持った社外講師を招いた講演なども効果的です。

▼アルーのDX・デジタル活用研修に関しては、以下の資料をご確認ください。

  デジタル活用人材研修サービス資料 現場社員のDX化に特化した「デジタル活用人材研修」のサービス資料をダウンロードいただけます。今までのDX研修では効果が得られなかった方、デジタル初心者へのDX研修を検討している方におすすめです。 アルー株式会社


▼こちらのページでも詳しく解説しています。

DX・デジタル活用人材研修


社内外でのつながりを広げる

日々技術がアップデートされている昨今においては、本や限られたメディアだけでは十分な情報収集ができません。

常に最新の知見を手にするためには、社内外との幅広いネットワークを構築するのが効果的です。

他社のDX人材やDXを手掛けている企業との関係構築を行うことで、必要な情報を効率的に集めることができます。

たとえば、「最新のITトレンドを共有している社外のコミュニティへ参加する」といった関係構築が考えられます。

また、近年ではTwitterやブログで最新情報を提供している開発者・研究者も多いため、各分野の第一人者のSNSをフォローするというのも良いでしょう。


OJTの機会を増やす

ITに関する知識を身につけるうえで座学は優秀な方法ですが、それだけではなかなか実務的な能力までは身につきません。

また、リーダーシップや学習姿勢といったマインドセットも座学で身につけることは難しいでしょう。

それらを打開するべく、OJTの機会を創出するというのはDX人材育成のうえで効果的な手法です。

OJTを定期的に実施することで、データ分析や業務プロセスの改善といった実務を体験でき、実行力や活用力を伸ばすことができます。

特におすすめなのが、「座学で学んだ知識をOJTによって実践する」という流れを作ることです。



DX人材としてのスキルを身につけさせる際の注意点

注意書きを持っている男性

研修の実施やOJTといったDX人材としてのスキルを伸ばすためのさまざまな施策を紹介しました。

そのなかで、DX人材を育成する際はどのような点に注意する必要があるのでしょうか。

ここでは、DX人材としてのスキルを身につけてもらう際に気を配っておきたい注意点を解説します。


(前提)なぜDXが必要なのかを明確にする

最近急速に注目を浴びている「DX」という言葉ですが、そもそもなぜDXを行うのかを明確に説明しているでしょうか。

DXは、IT技術を用いた業務プロセスの改善やビッグデータを活用した意思決定など、デジタルの力を用いた取り組み全体を幅広く指す言葉です。

ただ単に「DXを推進する」といってもその言葉の意味する内容は広く、社員には漠然としたイメージしか持ってもらえない可能性もあります。

人材育成に取り組む前に今一度、「そもそもなぜDXを行うのか」「DXによって具体的に解決したい問題は何か」という点を明確にしておきましょう。


丸投げはせず、会社全体で行う

DXは、「現場だけ」や「経営層だけ」といったような限られた取り組みではありません。

会社全体でDXが進展し、IT活用のレベルが底上げされることではじめてDXは本当に効果を発揮するようになります。

そのため、DX人材を育成する際には、現場に丸投げしないように注意することが大切です。

会社全体を取り巻く状況も踏まえながら、「中長期経営計画を達成するためにはどのようなDX人材が必要か?」や「成長セクションで活躍するDX人材を育成するためには?」など、俯瞰的な視点で考えることも重要です。


育成の優先順位をつける

DX人材を育成する際は、社員の中でどういった人材を先に育成すべきか、優先順位をつけて育成を進めていきましょう。

アルーでは、管理職やDXへの学習意欲の高い社員から優先して育成することをおすすめしています

まず、管理職は職場の中核となる存在であり、管理職がDX・デジタル活用について理解を深めることで、周りのメンバーもDXについて興味関心を持ったり学んだりしてくれる可能性が高まります。職場でDX・デジタル活用を推進するリーダーとなり、職場全体のDX推進も期待できるでしょう。

また、DX研修で学ぶ内容は数学や統計など、多くの社員にとって馴染みのない内容です。これらを学び一定のレベルに達するには、研修に継続的に参加したり自律的に学習したりする必要があります。業務と並行して学び続けるためには、受講者側にある程度の学習意欲が求められるでしょう。

管理職や学習意欲の高い社員から育成し成功事例を出しながら、徐々に他の社員に対象を広げていくのがおすすめです。


身近な課題解決から始める

DX研修などによる育成で学んだことが身近な課題解決の役に立つことが分かれば、学びへの意欲を向上させることにつながります。

そのため、最初は


  • いつも手作業でエクセルに入力している作業をマクロにしてみる
  • チャットにメールの受信通知がくるようにしてみる


といった、小さな課題解決から実践してもらうことが重要です。

自分自身のできることから始めて行けば、成功体験を得ることができ、本人の学習意欲も湧くでしょう。

「自分の力でDXが成功した」といった経験を積めば、自信の獲得やモチベーションの向上も期待できるでしょう。


成功体験を社内でシェアする機会を設ける

DXで成功した体験を社内でシェアをする機会を設けることで、まだDXに意欲的でないメンバーや部署でも興味を持ちやすくなります。

一部の業務をデジタル化したことや、マクロなどを活用して自動化したことなどを社内でシェアすることで、「自分の部署でも使えるかもしれない」「業務の効率化につながるかもしれない」という成功のイメージを与えることができます。

また、経営層にもDX人材育成による成果が伝わるので、その後の継続的な育成施策を進めやすくなります。



DX人材のスキルを社員に身につけてもらうアルーにお任せください

DX人材を育成するためには、デジタル技術に関する知識を身につけるだけでなく、マインドセットや課題発見力といった面も含め、バランス良く成長していく必要があります。

アルー株式会社は、人材育成を長年手掛けてきた企業です。

階層別研修やグローバル人材育成をはじめとした人材育成のノウハウが豊富に蓄積されており、DX人材の育成にも対応しております。


▼アルーのDX・デジタル活用研修に関しては、以下のページをご確認ください。

DX・デジタル活用人材研修

▼DX・デジタル活用人材研修の資料はこちらからダウンロードできます。

  デジタル活用人材研修サービス資料 現場社員のDX化に特化した「デジタル活用人材研修」のサービス資料をダウンロードいただけます。今までのDX研修では効果が得られなかった方、デジタル初心者へのDX研修を検討している方におすすめです。 アルー株式会社

DX人材の育成をご検討の際はぜひアルー株式会社のご利用をご検討ください。


​​​​​​​​​​​​​​

メガメニュー格納セクション
お問い合わせ
無料資料請求

セミナー開催中!

\無料資料ダウンロード/

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。

人気記事ランキング

タグ一覧

お問い合わせ
ページトップへ戻る