catch-img

ビジネス英語のおすすめ勉強法5つ 選ぶポイントや効果的に伸ばす方法を解説

「海外拠点の社員と英語でコミュニケーションをとって仕事を進めてほしい」「外資系のクライアントに対応できる社員を育てたい」など、社員にビジネス英語を身につけてほしいとお考えの方も多いかと思います。

しかし多くの社員は毎日の仕事に追われており、ビジネス英語の勉強時間を確保することは簡単ではありません。

この記事では、ビジネス英語を習得するための勉強方法と、それらの方法のメリットとデメリットなどを紹介します。


ビジネスで求められる英語力へのアプローチ方法も解説



羽鳥丈太監修者情報



目次[非表示]

  1. 1.ビジネス英語とは?
  2. 2.ビジネス英語で必要な語彙力
  3. 3.ビジネス英語習得までにかかる時間
  4. 4.ビジネス英語を勉強する前に明確にしておくべきこと5つ
  5. 5.効果的にビジネス英語力を伸ばす方法
  6. 6.ビジネス英語を習得させる!5つの勉強方法
  7. 7.ビジネス英語上達のため覚えておくべき練習法
  8. 8.グローバル人材育成ならアルー株式会社
  9. 9.まとめ


ビジネス英語とは?

ビジネス英語とは、社内や取引先など上下関係ある立場でフォーマルかつ丁寧な応対をする際に使用される英語のことです。日本語でも日常会話は砕けた表現を使っていても仕事では丁寧な言葉遣いをするのと同様で、英語の場合も言い回しやフレーズ、表現などのルールが存在します。


正確で丁寧な表現を使う英会話

英語には日本語のような丁寧語・尊敬語・謙譲語の区別はありませんが、ビジネス英語では相手に敬意を払った、正確で丁寧な表現を使用します。例えば、「伺う」や「質問する」は「ask」ではなく「inquire」を使う、「助ける」は「help」ではなく「assist」を使う、「実行する」は「do」ではなく「execute」を使うなどです。

ビジネス英語でよく使う表現は決まっているので、覚えるべき単語数はそれほど多くありません。


ビジネスで求められる英語力へのアプローチ方法も解説


相手の気持ちに配慮する英語表現

ビジネス英語では、相手の気持ちを配慮する英語表現が多く使われます。日本語で言うところの「ご対応ありがとうございます」や「申し上げにくいのですが……」などの表現が、ビジネス英語にも存在するのです。

英語には敬語がないからと言って、どのような場面でもストレートな言い方が良いと考えてしまうのは間違いです。日常会話はもとより、ビジネス英語ではより一層、相手の立場や相手の気持ちに配慮した英語表現が必要とされます。

また、相手の意見に対して反対の意見を伝える場合や、相手にとって不利益な内容を伝える場合なども、日本語の「残念ですが……」や「恐れ入りますが……」のような相手の気持ちに配慮する表現が必要となってきます。

言いにくいことを伝える場面で相手に配慮した一言を添えれば、思いやる気持ちが伝わり、円滑な人間関係を築くことができるでしょう。

英語でも相手に配慮した一言が必要なことを知らない社員もいるかもしれません。こういった表現も学ぶ必要があることを伝えるようにしましょう。



ビジネス英語で必要な語彙力

ビジネス英語を効果的に話すためには、一般的な英語の語彙力だけでなく、特定の分野に特化した用語の理解も必要です。日常会話レベルの英語では約1,500〜2,000語の語彙があれば、基本的なコミュニケーションは可能とされています。これは、日常生活で遭遇する一般的な状況や話題で自分を表現したり、他人の言っていることを理解するのに十分な量です。

一方で、TOEICのスコアと語彙力の関係を見ると、700点を目指す場合、約3,000〜4,000語の語彙が必要とされています。TOEICはビジネス英語の能力を測るテストの一つであり、このスコアは国際的なビジネスの場で基本的なコミュニケーションを取るのに適したレベルを示しています。しかし、これはあくまで基本レベルであり、より高度なビジネス英語を駆使するにはさらに広範な語彙が求められます。

ビジネス英語においては、特に専門用語や業界固有の言葉を含め、約7,000〜10,000語の語彙が必要とされています。このレベルに達すると、専門的な会議やプレゼンテーション、ビジネス文書の作成といった、より複雑で専門的なコミュニケーションがスムーズに行えるようになります。
このように、ビジネス英語における語彙力は、日常英会話やTOEIC試験より高度なレベルが求められます。ビジネスの場で求められる英語力を身につけるためには、日々の学習と実践を通じて、専門用語を含む幅広い語彙を習得することが重要です。


ビジネス英語習得までにかかる時間

英語学習全般に関する研究や、英語教育団体による指針を参考にすると、一般的に英語の習得には、レベルや目的に応じて異なりますが、数百時間から数千時間の学習が必要とされています。特に、ビジネス英語に特化した学習の場合、その時間はさらに具体的な目標に応じて変わります。

例えば、英語でのプレゼンテーション能力を身につけたい、ビジネスレベルのメールやレポートを書きたい、会議での議論に積極的に参加したいといった具体的な目標がある場合、それぞれのスキルに応じた時間投資が必要になります。

具体的に、ビジネス英語習得に必要な時間の目安としては、既に一定レベルの英語力(中級レベル)を有している場合、ビジネス英語の基礎を固めるためには追加で200~300時間の学習が推奨されます。この時間には、ビジネス用語の学習、実践的な会話練習、プレゼンテーションやメールライティングのスキルアップが含まれます。


ビジネス英語を勉強する前に明確にしておくべきこと5つ

悩める女性

ビジネス英語の勉強が途中で挫折してしまわないように、ビジネス英語を勉強する前に以下のような事柄を明確にしておく必要があります。


  • ビジネス英語を勉強する目的を明確に
  • 一日の勉強の目標を明確に
  • いつまでに目的達成するのかを明確に
  • どこの国の英語を習得するかを明確に
  • 目的達成までに使う予算を明確に


以下にて、詳しく内容を見ていきましょう。


ビジネス英語を勉強する目的を明確に

ビジネス英語の勉強を効果的に進めるには、第一にビジネス英語を勉強する目的を明確にする必要があります。目的が明確になっているのと明確になっていないのとでは、得られる成果に大きな差が出てくるでしょう。

最終的にどれくらいの英語スキルを習得し、何をしたいのかを明確にする必要があります。ビジネス英語に限らず、語学をマスターするには長い時間を要することが多いです。毎日コツコツやり続けても数ヶ月間は目に見えた成果が出てこないのが現実です。

そのような状況のなかでもモチベーションを下げずに勉強を継続するためには、明確な目的が必要となります。例えば、社内でのキャリアアップのため・昇進や昇格をするため・新たな業務に就くためなどです。

人事部は、どのようなスキルをどのレベルまで習得していればキャリアアップや新たな業務へのチャレンジができるのか、社員に対して明確に提示しましょう。そうすることで、社員は目的や目標を設定することができ、英語の勉強も継続しやすくなるでしょう。


ビジネスで求められる英語力へのアプローチ方法も解説


一日の勉強の目標を明確に

ビジネス英語を勉強する目的が決まったら、どのようなスケジュールで勉強を進めていくのかを明確にする必要があります。

大きな目的だけではなく、目の前の目標も決めてコツコツ達成していく習慣を作りましょう。

具体的に、一日にどれくらいの時間を勉強にあて、どのような勉強をするのか決めていきます。

例えば、一日あたり英語のテキストを10ページ進める、一日30分オンライン英会話を行うなどです。大きな目的をもとに一日あたりの可能な量を逆算する方法だと設定しやすいのではないでしょうか。

しかし、忙しい日々の中で社員が自分で時間を確保し、勉強し続けることは難しいものです。毎日の勉強の目標を自分で設定できない社員に対しては、定期的に研修の機会を設ける、進捗を確認するといった支援を行いましょう。


いつまでに目的達成するのかを明確に

いつまでに目的達成するのかを明確にしておかないと、ゴールのないマラソンをただ走っているのと同じ状態となります。一年で目的を達成する・半年で目的を達成するなど、具体的な目的達成の日程を明確にしてください。

ビジネス英語の習得は短期間では難しく、ほとんどの人の場合、年単位の長期的なスパンで進めていくことになるので、目的達成の日程を明確にすることが勉強のモチベーションを維持することに繋がってきます


どこの国の英語を習得するかを明確に

ビジネス英語と言っても、国が変われば英語表現も変わってきます。どこの国のビジネス英語を習得するのかを明確にしてください。例えば、「お元気ですか?」の表現として「How are you?」がありますが、以下のように国によって言い方が変わります。

表現(発音の違い)
アメリカ
Hi, how are you?
イギリス
How’s it going?
オーストラリア
How’er ya goin?
ニュージーランド
Howzit goin?
南アフリカ
Howzit?

上記以外にも、国によって表現が変わるので、どこの国のビジネス英語を習得するのかを決めてから勉強を始める必要があります。


ビジネスで求められる英語力へのアプローチ方法も解説


目的達成までに使う予算を明確に

ビジネス英語を習得するには、独学やスクールに通うなど、さまざまな方法があります。どの方法を選ぶかによって、必要な費用は大きく変わってきます。

ビジネス英語の勉強を始める前に、目的達成までに使う予算を明確にしておくことをおすすめします。予算を明確にし、その予算内で効率よく学んでいく方法を模索しながら進めていくのが負担にならない方法です。



効果的にビジネス英語力を伸ばす方法

時間のない社会人がビジネス英語力を伸ばすには、効果的な学習方法を選択することが大切です。

学習方法には、

  • 分散学習
  • 集中学習

の二つの方法があります。分散学習とは、間隔をおいて何回も繰り返して覚える学習方法です。例えば、決まった範囲の英単語を毎日繰り返して覚えるような学習方法が挙げられます。

集中学習とは、間隔をおかずに何回も繰り返して覚える学習方法です。例えば、スピーキングを鍛えるために、文をつなげて発話する訓練を短期集中で行うような学習方法です。


効果的にビジネス英語力を伸ばす方法の表


分散学習と集中学習は、勉強する項目や種類によって使い分ければ、勉強を効果的に進めることが可能となります。


ビジネスで求められる英語力へのアプローチ方法も解説


英文法・単語の暗記には分散学習が効果的

英文法や単語を暗記するには、分散学習が効果的と言われています。なぜなら人間は英文法や単語を「宣言的記憶」として脳に記憶するからです。この「宣言的記憶」として記憶するためには間隔をおいて何回も繰り返す分散学習が効果的となります。

英文法や単語を「宣言的記憶」として脳に記憶していれば、英語を英語のままに理解する「英語脳」が身につき、ビジネス英語を使いこなせるようになります。

英語を日本語に一旦変換してから理解するのでは限界があり、この方法ではビジネスとしての英会話が成り立たなくなります。「英語脳」を身につけることが重要となります。

英文法や単語を「宣言的記憶」として記憶するためには、繰り返し学ぶ必要があります。社員がビジネス英語の勉強を継続できるような仕組みづくりに取り組みましょう。

定期的に勉強の達成度を測るテストを行ったり、研修として勉強の時間を設けたりすることがおすすめです。


スピーキングには集中学習が効果的

スピーキングには、集中学習が効果的と言われています。スムーズにビジネス英語を話すには、日本語を意識することなく自然に英語が口から出るレベルになる必要があります。そのためには「手続き記憶」として脳に記憶する必要があります。

「手続き記憶」とは身体で覚えた記憶のことです。例えば、自転車の乗り方を一度覚えてしまえば、細かい操作は気にせず無意識に自転車に乗ることができます。また、何年か経っても自転車の乗り方を忘れることはありません。これは自転車の乗り方を「手続き記憶」に残しているためです。

ビジネスで求められる英語力へのアプローチ方法も解説


同じように英語のスピーキングも「手続き記憶」として習得できれば、無意識にスピーキングができるようになります

しかし、日々業務を抱えている社員が集中学習を行うことは非常に困難です。そこで、希望者に対しては短期留学の制度などを用意することがおすすめです。

アルーでは、4~12週間で100~300時間の英語学習時間を確保できる英会話トレーニングプログラムをご用意しています。フィリピンへの短期留学を行う『ALUGO BOOT CAMP』と、日本でオンライントレーニングを行える『ALUGO BOOT CAMP ONLINE』の2種類です。


▼ALUGO BOOT CAMPの資料はこちらからダウンロードできます。

  「ALUGO BOOT CAMP」資料ダウンロード|研修でプロ人材を育成するアルー株式会社 一人ひとりが“現場で使える英語”を最短で身に着ける、フィリピン派遣型語学研修「ALUGO BOOT CAMP」についてわかりやすくご説明しております。社員の英語力に課題を感じている方、TOEICの点数は高いが英語でのコミュニケーションはうまくできない社員が多いと感じる方、ビジネスで英語を活用しきれていないと感じる方におすすめです。 アルー株式会社



▼ALUGO BOOT CAMP ONLINEの資料はこちらからダウンロードできます。

  ALUGO BOOT CAMP ONLINE 2ヶ月間の英語漬けプログラムを通し、ビジネス英会話力を身につける「ALUGO BOOT CAMP ONLINE」のサービス紹介資料です。短期間で集中的に社員の英語力を向上させたい、海外への語学留学は難しいが同レベルの研修を実施したいといった人事担当者さまにおすすめです。 アルー株式会社


お客さまの課題や状況に合わせたプランをご紹介しますので、お気軽にお問い合わせください。



ビジネスで求められる英語力へのアプローチ方法も解説


ビジネス英語を習得させる!5つの勉強方法

englishとノート

社員にビジネス英語を習得させるための勉強方法として、以下の5つが挙げられます。


  • 独学で学ぶ
  • ビジネス英語に特化したスクールに通う
  • 実務のなかで実践しながら学ぶ
  • オンライン講習で学ぶ
  • 短期留学で学ぶ


ここから、詳しく内容を見ていきましょう。


独学で学ぶ

ビジネス英語を独学で勉強することは可能です。独学で勉強する場合はテキストやスマートフォン、動画配信サービスなどを活用することになります。

それでは、独学で学ぶケースのメリットとデメリットをご紹介します。


メリット・デメリット

独学のメリットは、費用が少額で済む、会社の休憩時間や通勤時間などのスキマ時間で勉強を進めることができるといった点です。忙しい社会人にとっては勉強時間の確保が一番難しい部分です。独学の場合はスキマ時間を活用できるため、毎日積み重ねれば膨大な時間の勉強をこなしたことになります。

独学のデメリットは、勉強の効果が出にくい点です。独学なので勉強をやらなくても誰にも迷惑は掛かりません。レッスン費などもないため、費用が無駄になるというプレッシャーもありません。独学は強制力が弱いため、やる気を維持することが困難になります。加えて、英会話の実践が行えないため、ネイティブの言い回しを学ぶことも難しいでしょう。


ビジネス英語に特化したスクールに通う

英会話のスクールの中には、社会人向けのビジネス英語に特化したスクールもあります。スクールに通うことは、英語を勉強する方法として誰もが一度は思い浮かべるメジャーな手段でしょう。

それでは、ビジネス英語に特化したスクールに通うメリットとデメリットをご紹介します。


メリット・デメリット

スクールに通ってビジネス英語を学ぶメリットは、自分に合ったレベルで習得するまでのカリキュラムがしっかり組まれることと、実践形式で英会話を学べるところです。

デメリットは、費用が高額になることと、スクールに決まった日時に通学する必要があり、時間的な制約ができてしまうことです。

ただし、勉強のモチベーションを下げずにビジネス英語を確実に習得するには、スクールに通うことがおすすめの方法です。

ビジネスで求められる英語力へのアプローチ方法も解説


実務のなかで実践しながら学ぶ

この方法は、実務のなかで英会話を実践しながら体験を通して習得していく方法です。実践のなかで独学を進めていくことになります

では、ここからはビジネス英語を実務で学ぶメリット・デメリットについて紹介します。


メリット・デメリット

メリットは、独学と同じように、費用が少額で済む、会社の休憩時間や通勤時間などのスキマ時間でも勉強を進めることができるといった点です。さらに実践しながら学ぶため、ネイティブの言い回しなども習得することができ、効果も出やすい学習環境と言えます。

デメリットは、初心者であればあるほど上達しにくいという点です。スクールのように自分のレベルに合ったカリキュラムが組まれるのではなく、いきなり実践のため、求められるレベルが高いと何から学んでいけば良いのかが分からなくなってしまいます。


オンライン講習で学ぶ

PCやタブレット、スマートフォンを用いてオンライン講習を受ける方法です。スクールに通ってビジネス英語を学ぶ場合は、通学する必要がありましたが、オンライン講習の場合は場所を選ばずに受講ができます。

では、ビジネス英語をオンライン講習で学ぶメリット・デメリットについて紹介していきます。


メリット・デメリット

オンライン講習のメリットは、スクールと同じく自分のレベルに合ったカリキュラムが組まれ、実戦形式の英会話も学べる点です。

オンライン講習のデメリットは、手軽さゆえに勉強のメリハリが付けにくい点です。サポート体制が整っていないオンラインスクールもあるので注意してください。

アルー株式会社では、スマートフォンでオンライン講座を受講できる「ALUGO」というアプリを提供しています。ALUGOでは専門スキルを習得しているコーチがつくため、受講者のレベルに合った内容のサポートをしてもらうことができます。ALUGOなら、充実したサポート体制が整備されており、オンライン講座のデメリットをカバーできます。


▼ALUGOの資料はこちらからダウンロードできます。

  ビジネス英会話トレーニング「ALUGO」 ビジネスで使えるスピーキング力強化に特化した、1on1ビジネス英会話トレーニング「ALUGO」のサービス紹介資料です。ALUGOは、サービス満足度95.5%を誇るビジネス英会話トレーニングプログラムです。PCやスマホでいつでもどこでも、ネイティブ講師から質の高いレッスンを受けることができます。 アルー株式会社


▼ALUGOについて詳しくはこちらのページもご覧ください。
ビジネス英会話トレーニング「ALUGO」


短期留学で学ぶ

短期留学でもビジネス英語を学ぶことができます。最短一週間から短期留学があり、ビジネス英語漬けの生活を経験することができるでしょう。

ビジネス英語を短期留学で学ぶメリット・デメリットについて紹介します。

オンラインマンツーマンビジネス英会話 ALUGO SMART ENGLISH


メリット・デメリット

短期留学のメリットは、英語漬けの毎日となるため、英語脳を鍛えやすくなる点です。また周りの生徒もモチベーションの高い人が集まっているため、自分自身のモチベーションも高い状態で維持ができ、英語学習の効果も高まります。

短期留学のデメリットは、費用が高額になるのと、留学の期間は仕事を休まなければいけない点です。まとまった休暇が取れない仕事の場合は、短期留学は難しいかも知れません。

アルー株式会社では、「オンライン語学留学」という学習方法を提案しています。オンライン語学留学『ALUGO BOOT CAMP ONLINE』は、英語漬けで集中的に鍛えるマンツーマン英会話です。

社員をどの程度「英語漬け」にするかは、ご相談の上決定することができます。例えば、「1日6時間 × 週1回 × 8週間」「1日6時間 × 週2回 × 12週間」など、自由自在です。

アルーのALUGO BOOT CAMP ONLINEなら、仕事に大きな支障を与えずにビジネス英語の習得をさせることが可能です。


▼ALUGO BOOT CAMP ONLINEの資料はこちらからダウンロードできます。

  ALUGO BOOT CAMP ONLINE 2ヶ月間の英語漬けプログラムを通し、ビジネス英会話力を身につける「ALUGO BOOT CAMP ONLINE」のサービス紹介資料です。短期間で集中的に社員の英語力を向上させたい、海外への語学留学は難しいが同レベルの研修を実施したいといった人事担当者さまにおすすめです。 アルー株式会社


▼ALUGO BOOT CAMP ONLINEについて詳しくはこちらのページもご覧ください。
オンライン語学留学(ALUGO BOOT CAMP ONLINE)


ビジネス英語上達のため覚えておくべき練習法

ビジネス英語を学ぶ男性

ここでは、ビジネス英語を上達させるための効果的な勉強方法を紹介します。


  • シャドーイング
  • リピーティング
  • ディクテーション
  • ロールプレイ


以下にて、詳しく内容を見ていきましょう。


シャドーイング

シャドーイングは英語教材の音声を流した後、すぐに声に出して復唱する方法です。シャドー(影)のように後ろからついていくイメージです。

シャドーイングは発音とリスニングを鍛えることができます。ただ何となく復唱するのではなく、お手本の音声と自身の発音の違いを意識することでより効果的に習得できるでしょう。


リピーティング

リピーティングは英語教材の音声を全て聞き終わった後に復唱する方法です。シャドーイングとは異なり、最後まで音声を聞いた後に復唱します。

リピーティングは音声を一旦記憶した後に復唱する必要があるため、難易度が高く英語脳を鍛える良い方法となります。


ディクテーション

ディクテーションは英語教材の音声を聞いて文章に書き留める方法です。文章に書き留めるため、聞き取れていない部分が明確になったり、聞き取れていてもスペル間違いが明確になったり、英語学習において苦手な箇所・弱い箇所を明らかにすることができます


ビジネスで求められる英語力へのアプローチ方法も解説


ロールプレイ

ロールプレイは本番さながらの状況でビジネス英語を使用したプレゼンや会議を実践してみることです。実践してみることで上手く習得できている部分や、得意だと思っていたもののまだまだ不完全な部分が明確になり、今後の改善点として認識することが可能です。

ロールプレイは、ビジネス英語に長けた講師がいないと十分に機能しません。社員が個人でそのような人材を確保することは難しいため、会社側が用意するとよいでしょう。

ビジネス英語に強みを持った会社の研修を取り入れる、自己啓発制度としてビジネス英会話トレーニングを取り入れる、といった施策がおすすめです。


グローバル人材育成ならアルー株式会社

アルー株式会社が提供しているビジネス英会話トレーニング「ALUGO(アルーゴ)」では、ビジネスに特化した英会話をマンツーマンでトレーニングすることができます

費用や時間的な制約を少なくしながらグローバル人材を育成するなら、ALUGOは最適な教材です。いくつかのプランがあるため、受講者の状況に合わせたトレーニングを選択することが可能でしょう。

ALUGOの詳細についてはこちら


ビジネス英会話トレーニング「ALUGO」


まとめ

今回は、ビジネス英語を習得するための勉強方法と、メリットとデメリットなどを紹介しました。

ビジネス英語は今後ますます必要不可欠になってくることでしょう。ただ語学の習得には時間と費用が掛かります。ALUGOでは、効率よく効果的にビジネス英語を習得できるプランが用意されており、手厚いサポート体制も整っています。

是非一度、アルー株式会社の提供するALUGOをご検討ください。


▼ALUGOの資料はこちらからダウンロードできます。

  ビジネス英会話トレーニング「ALUGO」 ビジネスで使えるスピーキング力強化に特化した、1on1ビジネス英会話トレーニング「ALUGO」のサービス紹介資料です。ALUGOは、サービス満足度95.5%を誇るビジネス英会話トレーニングプログラムです。PCやスマホでいつでもどこでも、ネイティブ講師から質の高いレッスンを受けることができます。 アルー株式会社

​​​​​​​

▼ALUGO BOOT CAMPの資料はこちらからダウンロードできます。

  「ALUGO BOOT CAMP」資料ダウンロード|研修でプロ人材を育成するアルー株式会社 一人ひとりが“現場で使える英語”を最短で身に着ける、フィリピン派遣型語学研修「ALUGO BOOT CAMP」についてわかりやすくご説明しております。社員の英語力に課題を感じている方、TOEICの点数は高いが英語でのコミュニケーションはうまくできない社員が多いと感じる方、ビジネスで英語を活用しきれていないと感じる方におすすめです。 アルー株式会社

▼ALUGO BOOT CAMP ONLINEの資料はこちらからダウンロードできます。

  ALUGO BOOT CAMP ONLINE 2ヶ月間の英語漬けプログラムを通し、ビジネス英会話力を身につける「ALUGO BOOT CAMP ONLINE」のサービス紹介資料です。短期間で集中的に社員の英語力を向上させたい、海外への語学留学は難しいが同レベルの研修を実施したいといった人事担当者さまにおすすめです。 アルー株式会社



ビジネスで求められる英語力へのアプローチ方法も解説


メガメニュー格納セクション
お問い合わせ
無料資料請求

セミナー開催中!

\無料資料ダウンロード/

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。

人気記事ランキング

タグ一覧

お問い合わせ
ページトップへ戻る