CSRとは

CSRとは「corporate social responsibility(企業の社会的責任)」の略で、企業は利益だけを追求するのではなく、製造した商品の社会に与える影響や仕事の過程で関わるステークホルダーに対して責任を負うべきであるという考え方。ステークホルダーには消費者と取引先だけではなく自社の社員、環境、投資家などが含まれている。CSRを意識することによって、自社の社員のコンプライアンス意識や自社に対するロイヤリティが高まったり世間からの企業イメージが上がったりするというメリットがある。

​​​​​​​
お問い合わせ
無料資料請求

おすすめセミナー

人気記事ランキング

タグ一覧