外国人部下
マネジメント研修
~ジョブディスクリプション編~

詳しい資料はこちら

研修の特徴

外国人人材をマネジメントする上で重要なジョブディスクリプションをベースに、現地のナショナルスタッフに対して適切な言動でマネジメントできる駐在員を育成します。

得られるスキル・マインドセット

  • 部下にアサインしたい業務をアサインできる仕組みを作れるようになる
  • 昇給・昇格・昇進の交渉の際、合理的に説明し部下の納得度を高めることができるようになる
  • 外国人の商習慣をベースとした関わり方ができるようになり、部下も安心して業務に取り組めるようになる
  • 自分がどの職務を担うのかが明確になりパフォーマンスが出やすくなる
  • 外国人社員にとって働きやすく、日本人にとってもマネジメントしやすい環境を作ることができるようになる

このようなお客さまにおすすめです

  • 職務給・ジョブディスクリプションの前提とした、マネジメントを取り扱う研修を実施したい

  • 外国人部下マネジメントの知識・スキルの基礎と実践を分けて、段階的な育成をしたい

  • 日系企業駐在員の立場を理解した上で、ファシリテーションができる講師で実施したい

ジョブディスクリプション

ジョブディスクリプションをベースとした設計

海外拠点人材をマネジメントする上ではジョブディスクリプションの考え方や作り方を理解することが重要です。ジョブディスクリプションをベースとしたコミュニケーションやマネジメントを理解することができます。
女性社員と外国人女性

アウトプット中心で気づきを得るプログラム

ジョブディスクリプションを作成したり、ジョブディスクリプションを使った目標設定・業務指示・評価のロールプレイングしたりと、実際に取り組むことで日本のマネジメントとの違いを体感できます。
外国人社員と日本人社員

日系企業・日本人駐在員向けのプログラム

海外現地社員が日系企業・日本人に抱くリアルな疑問を理解した講師が講義を担当します。駐在先での実践に繋がる講義です。
駐在員向け 外国人部下マネジメント研修

駐在員向け外国人部下マネジメント研修サービス資料
ダウンロードはこちらから

研修の概要

対象

外国人部下を持つ駐在員・駐在員候補者

研修期間

7~8時間

推奨受講人数

数名~24名程度

プログラム例

テーマ 概要 進め方
イントロダクション 研修目的を確認する

アイスブレイク
  • 狙い:働くことに対する価値観の違いを理解する
  • 学び:物事を見るときに、無意識に自分がこれまで培った知識・視点・価値観で物事を評価・判断していることに気づく
グループワーク
ジョブディスクリプションの原則を学ぶ
  • 日本と海外における商習慣の違い:職能給vs職務給
  • 日本の等級制度と海外の等級制度の違い
  • 職能給・職務等級制度を軸とした外国人社員をマネジメントするポイント:ジョブディスクリプション
  • ジョブディスクリプションとは
  • なぜ外国人マネジメントにジョブディスクリプションの考え方が必要か
  • ジョブディスクリプションの作り方
レクチャー
ワーク①
ジョブディスクリプションケーススタディ
  • 狙い:ジョブディスクリプションを作る難しさを認識する
  • 学び:職務に必要なジョブを洗い出すことの難しさを認識する
  • 2つの職務のケースを使って実際にジョブを書く演習
個人ワーク
ワーク②
ワークショップ
  • 狙い:ジョブディスクリプションを完成させる
  • 学び:ジョブを作り上げフィードバックをもらうことで、ジョブディスクリプションを書く際の自分の課題や傾向を認識する
  • 実際の部下または自身のジョブディスクリプションを個人ワークで作成し、その後グループで共有してフィードバックを受けながら修正する
個人ワーク
グループワーク
ワーク③
目標設定
  • 狙い:外国人部下にとっても納得のいく目標を設定できるようになる
  • 学び:ジョブディスクリプションから目標を設定する方法を理解する
  • 日本でよくある目標設定の方法とジョブディスクリプションを使った目標設定の方法の違いを体感する
個人ワーク
ワーク④
コミュニケーション・指示の出し方
  • 狙い:外国人部下にとっても受け入れやすく断りにくい業務の指示を出すことができるようになる
  • 学び:ジョブディスクリプションを把握した上での業務指示の出し方を理解する
  • ロールプレイを通じて、日本人部下への指示のスコープとジョブディスクリプションを軸とした指示のスコープの違いに気づく演習

個人ワーク

グループワーク

ワーク⑤
評価
  • 狙い:外国人部下が納得しやすい評価・評価面談を行うことができるようになる
  • 学び:コミュニケーションや傾聴スキルだけに頼らず、エビデンスベースで行うことを学ぶ。ジョブディスクリプション&目標設定に立ち返るポイントを理解する
  • ケーススタディを通じて、日本人を評価する場合と外国人部下を評価する場合の違いを体感する

個人ワーク

グループワーク

まとめ

振返りと質疑応答

 

駐在員向け 外国人部下マネジメント研修

駐在員向け外国人部下マネジメント研修サービス資料
ダウンロードはこちらから

その他の駐在員向け研修

その他のグローバル人材育成サービス

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
人材育成・研修に関するお役立ち資料はこちらから
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
メガメニュー格納セクション
お問い合わせ
ページトップへ戻る