外国人
部下マネジメント研修
~面談編~

詳しい資料はこちら

外国人部下マネジメント研修(面談編)の特徴

異文化の部下を英語でマネジメントするスキルセットを身につけ、現地のナショナルスタッフに対して適切な言動でマネジメントできる駐在員を育成します。

得られるスキル・マインドセット

  • グローバルな視点で評価判断する力
  • 外国人部下に対して目標設定する力
  • 外国人部下に対して業務指示する力
  • 外国人部下との会議をファシリテーションする力
  • 外国人部下に対して評価・面談する力
  • グローバルマインドセット

このようなお客さまにおすすめです

  • 英語でのジョブディスクリプションをベースとしたマネジメントを体験させたい

  • 外国人部下マネジメントに関する知識とスキルを、基礎と実践に分けて段階的に学習させたい

  • 日系企業駐在員の立場を理解した上でファシリテーションができる講師に講義をしてもらいたい

外国人社員

シミュレーション型のトレーニング

部下役の外国人とペアになり、英語での目標設定、業務の指示出し、評価面談などをシミュレーションします。自身の課題を見出しながら、部下マネジメントのポイントを学ぶことができます。
ジョブディスクリプション

ジョブディスクリプションをベースとした設計

海外拠点人材をマネジメントする上ではジョブディスクリプションが重要です。ジョブディスクリプションをベースとしたマネジメントと日本式のマネジメントの違いを理解することができます。
日本人駐在員

日系企業・日本人駐在員向けのプログラム

海外現地社員が日系企業・日本人に対して抱くリアルな疑問を理解した上でプログラムを作成しています。駐在先での実践に繋がりやすいと好評の声を頂いています。
駐在員向け外国人面談スキル研修

駐在員向け外国人面談スキル研修サービス資料
ダウンロードはこちらから





外国人部下マネジメント研修(面談編)の概要

対象

外国人部下を持つ駐在員・駐在員候補者

期待される効果

【受講前】

  • 日本人とは異なる文化を持つ相手をマネジメントしたことがなく、どんな問題が起きるのか想像できない
  • 日本人部下をマネジメントした経験はあるが、外国人を相手にマネジメントをした経験がない
  • 日本語でマネジメントする自信はあるが、英語ではマネジメントした経験がない
矢印

【受講後】

  • これまでやってきたマネジメントスタイルやコミュニケーションスタイルでは通用しないことが実体験を通じて分かった
  • ジョブディスクリプションをベースに目標設定や業務アサインをすることの難しさを体感できた
  • 外国人部下を説得するためには事実や証拠ベースで説明する必要があり、そうでないと信頼も得られないことがわかった
  • 英語になっただけで、普段通りのマネジメントやコミュニケーションが全くできないことに気付かされた

研修期間

7~8時間

推奨受講人数

数名~16名程度

プログラム例

テーマ 概要
イントロダクション 研修目的を確認する

シミュレーション①

目標設定

部下との目標設定の場面
シミュレーション②
指示出し
部下のジョブディスクリプションに該当するジョブをアサインしているが、部下が納得していない場面

シミュレーション③
指示出し

部下のジョブディスクリプションに含まれないジョブをアサインする場面
シミュレーション④
会議

会議でディスカッションしたい論点とは全く異なる話をする部下との会議の場面

シミュレーション⑤
中間レビュー
上期の実績が悪く、通期の目標を達成するために下期の目標を見直す場面
シミュレーション⑥
評価フィードバック
評価フィードバックを行う場面
エビデンスがない中での評価とエビデンスがある中での評価を体験する

まとめ

振返りと質疑応答

 

駐在員向け外国人面談スキル研修

駐在員向け外国人面談スキル研修サービス資料
ダウンロードはこちらから

その他の駐在員向け研修

その他のグローバル人材育成サービス

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
人材育成・研修に関するお役立ち資料はこちらから
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
メガメニュー格納セクション
お問い合わせ
ページトップへ戻る