OJTと連動した新入社員研修
~大手製造業の研修導入事例~

こんなお悩みありませんか?

  • 全社的に生産性向上の必要性が高まっている
  • 新入社員を早期に戦力化したい
  • 新入社員には自律的な成長を求めている

研修のポイント

新入社員~2年目までの育成のストーリーを描き、2年目以降にOJTトレーナーとなることを見越した研修となっている。

まず、新入社員として最初に求められるテーマにフォーカスし、言動の機軸を「相手視点」に統一して明確な道しるべを作った。

そして能力さえ高ければよいというわけではないことを、理由を明確にして伝えることで受講生の納得感を醸成した。

カリキュラム概要

カリキュラム概要

新入社員研修について詳しく知りたい方は「新入社員研修」をご覧ください。

研修プログラム開発者より

建設現場で自分よりも年齢が上で、経験豊富な方々へ指示をすることもある、難しい仕事をする方々が受講対象者でした。新入社員として機軸にするメッセージは様々考えられましたが、今回の受講者にとっては関係構築、とりわけ相手視点という内容が業務を遂行していく上で大切になると考えました。

また、常に新入社員とトレーナーが同じ現場にいるとは限らないため、サーベイ(ALPath_basic)も活用しながら新入社員の状況をリアルに伝え、新入社員育成とOJTの連動を意識した設計にしました。

ALPath_basicとは

当社は、新入社員が自発的・継続的に成長する力を身につけるためには社会人基礎力※1の他に、自己成長力※2、精神的成長力※3を確認する必要があると考えています。ALPath_basicは、この3つの力を測定する職場実態調査ツールです。

質問項目を追加することで、新入社員の状況だけでなく、職場の育成力(OJT力)を確認することが可能です。

 

※1:経済産業省が提唱するモデルを参考に当社にてサーベイ指標を開発

※2:仕事(経験)から学ぶ力

※3:組織の一員として馴染み、組織の期待を理解・実行することで、仕事に対する自信・やりがいを持てる状態

新入社員研修について詳しく知りたい方は「新入社員研修」をご覧ください。

その他の課題・テーマから探す

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
人材に関するお役立ち資料はこちらから