短期オンライン海外研修
Global Challenge Program

海外派遣型研修オンライン代替施策
圧倒的な異文化を体感する Global Challenge Program

オンライン上で日本人少数派・外国人多数派によるアウェイ環境をご用意します。
外国人と切磋琢磨するマルチプロジェクトで外国人のスピード感覚・アウトプットレベル・ビジネス価値観・文化の圧倒的な違いを実感することができます。
5日間の濃密な異文化対応力強化プログラムをぜひ体験してください。
Global Challenge Programは多くの研修生にご満足いただいています
evaluation

このような課題に対応できます。

  • 海外渡航できなくても外国人と修羅場経験を積める研修を実施したい
  • これまで実施していた海外派遣研修をオンラインで行いたい
  • 外国人と切磋琢磨しながら異文化対応力を鍛えたい

受講者の声

海外の方と上手に連携を取ってグローバルに活躍するためには、どのようなマインドセットでが必要なのか自分なりの解答を得られた。満足度の高い一週間となった。主体性や多様性へのリスペクト、好奇心を忘れずに職場に戻りたい。
いつもと違う環境に身を置くことで「快適ゾーン」から出ることができ、よい意味でのストレスを感じることが出来た。日本では経験できないような「骨を折る取り組み」が久しぶりにできたと思う。
出来ないことばかりの状況から始まって、中身はどうあれ一週間でアウトプットを出すことができたのは、少なからず自分が成長できたからだと思う。初めての経験がほとんどという高い負荷がかかる状況で取り組めたのはよい経験になった。
意見を主張する人との対峙は大変なことではなく、ワクワクすることなんだと気づいた。今後グローバル人材になりたいという意思を会社に伝えたい。
これまでの人生を振り返ると、外国人の方々とコミュニケーションをとる機会がほとんどなく、今回の海外派遣研修は大変貴重な機会であった。少人数でのグループワークが多く、自らが努力する必要があったため、非常に刺激的な研修で大変満足できた。
5日間の研修に取り組む中で、より研修にコミットしていく自分を感じることが出来た。母国語以外の言語を使いコミュニケーションを図るもどかしさを感じつつも、どうにか考えていることを伝える粘り強さが大切なのだということを学べた。
不慣れな環境の中で自分なりのチャレンジを深く考え取り組むことで、想定を遥かにこえる成長と達成感を得られた。
WEBでの開催に対して不安もあったが、本当に多くのことを学べた。
「人に頼る」ことやチャレンジすること等、世界で働くうえで必要なものを、外国人の方々から直接感じることができた。
普段の自分の業務に対してまっすぐ向き合ってみようという思いを獲得できた。また、自分を認めてあげてもいいという考え方を得たことで、心のゆとりが持てるようになった。
頼れるトレーナー、裏で支えてくれた運営の皆さま、優秀で親切なバディ達、共に努力できた同期、これらがそろっていて成長できないわけがない。

圧倒的な異文化を体感する
Global Challenge Programの特長

整列して向かい合う様々な国の男女のイラスト
日本人少数派・外国人多数派となる
外国人混合チーム設計
プレゼンをする男女
複数のチームを掛け持ちする
マルチプロジェクトワーク
様々な国の国旗
国別チーム&外国人混合チームグループでのフェアな競争
データやグラフの中で仕事をする男女の風刺画イラスト
異文化サーベイによる
異文化対応力の可視化
面談をする男女
講師による直接フィードバック
タブレットのイラスト
お客さまのご要望に合わせた
カスタマイズ対応

プログラム内容

プログラムの流れ

1日の流れのイメージ

パソコンの前に座る男性のイラスト
1日のスタート
前日の振り返りと今日のゴール設定
会議をする男性のイラスト
プロジェクトワーク
複数のチームと調整しながらプロジェクトを進める
プレゼンをする男性のイラスト
プレゼンテーション
プロジェクトのアウトプットを英語でプレゼンテーション
話し合う男性のイラスト
ディベート
プレゼンテーション内容に対して討論する
腕組をして考える男性のイラスト
内省
当日の振り返りや気づきを内省し翌日に繋げる
談笑する男性のイラスト
カジュアルトーク
外国人とのカジュアルなトークで関係構築

ビジネスにおける異文化対応力の強化ステップと
Global Challenge Programで得られる経験とスキル

alueの提供するソリューションとえられる学び

どんな企業に最適か?

解説する女性
海外トレーニーや海外派遣型研修の中止により、海外ビジネス体験の代替手段を考えている
グループワークをする男女
グローバル人材プール層の育成のため、海外に行かなくてもグローバル人材育成ができる施策を考えている
オンライン会議に参加する女性
オンラインでも英語を使って異文化対応力を向上できる施策を考えている

どんな社員に最適か?

様々な国の男女が拍手をする様子
英語力ではなく異文化対応力を鍛えたい・実践させたい社員
プレゼンターの話を聞く聴衆
外国人と1対1であれば何とかなるが、複数の外国人と仕事をするとパフォーマンスが上がらない社員
オンラインコミュニケーションをする際のパソコン画面
オンラインでも異文化対応力を実践的に鍛えさせたい社員

5日間での受講者の経験と気づきの変化

Day 1

Day 2

Day 3 & 4

Day 5
英語でのコミュニケーションの壁と今の英語力でプロジェクトを進める難しさ

異文化の受容と英語コミュニケーションの壁を乗り越えるための試行錯誤による失敗経験

英語・異文化の壁を乗り超える成功体験を通した、多様性の受容や外国人チームをリードする経験

異文化の受容と自己変革から得るグローバルマインドセット

一般的な海外派遣型研修との違い

  外国人比率 所属チーム数 異文化サーベイ 講師
よくある海外派遣型研修のオンライン代替 日本人が圧倒的に多い 1チームのみ所属しメンバー固定 なし 日本人
Global Challenge Program 外国人比率が高く、日本人少数派 3チームに所属しメンバーが多様 40項目のサーベイで異文化対応力を可視化 日本人・外国人
選択可能

その他のグローバル人材育成サービス

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
人材に関するお役立ち資料はこちらから