グローバルリーダーシップ
チャレンジプログラム

\ このサービスの詳細を知りたい方はこちら /

グローバルリーダーシップ チャレンジプログラムの特徴

1年間のアクションラーニング研修を通し、グローバルリーダーに必要な経営スキルやリーダーシップを身につけます。
グローバル幹部候補の選抜にも活用いただけます。
※研修期間はご相談ください。
外国人講師

経営課題策定力・実行力とリーダーシップの2つの力を伸ばす

コーチングでリーダーシップを開発し、コンサルティングで経営課題策定力・実行力を伸ばします。受講者の内面と行動の変化が期待できます。
日本人カウンセラーのサポート

受講者一人ひとりの課題を洗い出すアセスメント

世界で710万人が活用する『Hogan Assessment』を基に、リーダーとしての価値観や強み、リスクを可視化します。
カリキュラム

受講者一人に対してコンサルタント1名、コーチ1名が徹底サポート

アセスメントに基づき、受講者の課題を解決するのに最適なコンサルタントとコーチを1名ずつアサインします。コンサルタントはアクションラーニングの支援を、コーチはリーダーシップ開発支援を行います。

スケジュール例

グローバルリーダーシップ チャレンジプログラムスケジュール例



経営課題策定力・実行力とリーダーシップの2つの力を伸ばす

コンサルティングによる経営課題策定力・実行力の向上

アクションラーニングの進捗や課題、ネクストステップについて、専任コンサルタントと月1回の面談を行います。今までにはなかった視野・視座・視点からフィードバックやアドバイスをもらうことで、経営課題の設定と実行を行うことができるようになります。

コーチングによるリーダーシップ開発

アクションラーニングを実行する中で、受講者は課題や葛藤にぶつかります。
月1回、専任コーチが受講者と面談し、受講者が直面している心理的課題やリーダーシップに関する課題の解決にむけたコーチングを行います。
グローバルリーダーとして自身の価値観やアイデンティティの進化・変化に取り組み、自ら変化するために行動を起こせるよう支援いたします。

経営疑似ボード会議を通し、経営者視点を取り入れる

アクションラーニングの結果を実際の経営陣に提言・発表する前に、講師陣と疑似会議を実施します。
経営経験のある講師から指摘を受けることで、問題認識の視野を広げ、提言・発表内容のブラッシュアップにつながります。

受講者一人ひとりの課題を洗い出すアセスメント

『Hogan Assessment』で受講者一人ひとりの強みとプレッシャー下のリスク行動、価値観を診断

『Hogan Assessment』とは、フォーチュン500に代表される企業の半数以上で導入があり、世界で710万人が活用するパーソナリティテストです。「なぜ、その行動をとっているか(行動がとれないか)」(行動属性)を測定することで、受講者のリーダーとしての強みとプレッシャー下のリスク行動、価値観を明らかにすることができます。

これらの結果から、受講者は能力開発のための深い気づきを得ることができ、研修中の行動変容に繋がります。
また人事部にとっては、自社の求める業績行動を発揮するポテンシャルの高いリーダーの発掘や育成が可能というメリットがあります。

『Hogan Assessment』の5つの特長と4つの効果

5つの特長
  • 360度評価をせずとも、自己評価だけで他者認知を得られる
  • 710万人以上の企業人の診断実施実績
  • ビジネスリーダーの育成と選抜において25年以上の実績
  • 56ヵ国49言語でグローバル展開されている
  • ビジネスシーン向けアセスメント
4つの効果
  • パフォーマンスに影響を与える行動の源泉を明確にする
  • 戦略的に人材を育成する
  • キャリア、行動変容の阻害要因を特定する
  • 個人特性を明らかにすることで、ポテンシャル人材の育成につなげる

『Hogan Assessment』で測定するパーソナリティ

  • リーダーが創ろうとしている職場環境に影響する個人の価値観
  • その職場環境を作る際に日々の業務上で発揮される強み
  • ストレス環境下に起こるリスク行動

の3つを測定します。

Hogan Assessmentで診断できるパーソナリティ

受講者一人に対してコーチ1名、コンサルタント1名が徹底サポート

アクションラーニングに対するコンサルティング

アクションラーニングでどのような課題を取り扱うか、課題選定をコンサルタントともに行います。受講者自らが考えるための"問い"の提示や課題設定に対する抜け漏れの指摘、経営視点でのフィードバック、資料作成のアドバイスなどを受けることができます。
また、月1回の定期面談にて、アクションラーニングの進捗や課題、ネクストステップをすり合わせます。
定期面談以外にメールや電話でコンサルタントに相談することも可能です。

リーダーシップ開発を促すコーチング

専任コーチから、月1回の定期面談の中でリーダーシップ開発のコーチングを受けることができます。
受講者がアクションラーニング中に直面する心理的課題、リーダーシップに関する課題を明らかにし、価値観や信念・覚悟など、内面の変化を促すコーチングです。

アセスメントの結果を基に一人ひとりに合ったコンサルタントとコーチをアサイン

『Hogan Assessment』の結果を基に、一人ひとりに合ったコンサルタントとコーチをアサインします。
多国籍、且つ専門性の高いコンサルタントやコーチから選定します。

サービス説明・お見積りなどをご希望の方は下記よりお問い合わせください。


グローバルリーダーシップ チャレンジプログラム概要

アクションラーニングの概要

アクションラーニングの概要

プラグラムの7つのポイント

1.受講者と社外専門家が定期的に打ち合わせを行う

課題設定フェーズとアクションラーニング実施フェーズそれぞれにおいて、社外専門家と定期的な打ち合わせを行うことができます。

2.ストレッチした課題に取り組むための仕掛け・工夫

アクションラーニングの課題を自部門において重要度が高い、且つ緊急度の低い領域で設定します。また、受講者の現在のポジションより一つ上の立場から課題設定を行うことで、受講者の成長を促します。
専任コンサルタントや専任コーチ、経営経験のある疑似ボード会議講師などから、アドバイスやフィードバックを受けることで高い視座を獲得することができます。

3.全社方針を踏まえて、自部門の課題全社課題に取り組む

全社課題のテーマリストを貴社にて一覧化し、受講者に選択させて取り組むことで実践的なアクションラーニングを実施できます。

4.3ヶ月に1回、受講者を集めて進捗共有する機会の設置

受講者同士がお互いの成長や課題を知ることで、新しい視点の発見やモチベーション向上に繋がります。

5.プロジェクトの推進がうまくいかないときのコンサルタントやコーチからの支援

コンサルタントから、課題・スキル・視座・視野などの領域へのフィードバックやアドバイスを受けることができます。
コーチからは、受講者本人の内的な適応課題、価値観、リーダーシップに関して内発的動機づけを促すコーチングを受けられます。

6.上長を巻き込むための仕掛け、 支援体制

受講者の上長の目標設定と評価に、当プログラムへの支援を行ったかどうかを加えます。
受講者がプロジェクトを進めやすくなるよう、環境整備や育成、サポートを行ったかどうか、受講者とプロジェクト関係者による他者評価を行います。

7.コンサルタント コーチの多様性・専門性の担保

多国籍、且つ専門性が高いコーチやコンサルタント陣から受講者の特性に合わせてアサインします。

サービス説明・お見積りなどをご希望の方は下記よりお問い合わせください。

受講者の声


サラリーマン

アセスメントを中心に自分の能力を客観視できたことがもっと大きな学びでした。周囲の意見と自分とのギャップが明らかになったためです。自身を知るという点では、特に最後の1ヶ月は追い込まれることで、自身の未熟な点がよく理解できました。
また、リーダーシップ論や戦略論などスキルも大切で学びではありましたが、それ以上に自社の役員の方々と直接対話できた時間が貴重で得難い経験でした。

女性

これまでにない厳しい視点で見られていたこともあり、最終発表会では非常に緊張しました。ただ、成長を応援しようというメッセージも感じることができて、モチベーションが上がりました

ビジネスマン


コンサルタントとコーチの方の支援が非常によかったと思います。自分の思考が方向間違いそうな時に、いつもロジック的に指導と軌道修正をしていただきました。コンサルティング面談を通して、課題の本質に対する理解を深め、抽象的に問題点を取り上げて、対策も論理的に述べる術を身につける事ができました。非常に為になったと思います。

サービス説明・お見積りなどをご希望の方は下記よりお問い合わせください。

新入社員研修サービス資料
ダウンロードはこちらから

その他のグローバル人材育成サービス

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
人材育成・研修に関するお役立ち資料はこちらから
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
メガメニュー格納セクション
お問い合わせ
ページトップへ戻る