コミュニケーションを活性化し、組織力を向上させるための期待役割を認識する係長育成施策例

背景と課題 組織目標達成に向け、係長を中心に各階層の役割に応じて信頼関係構築の為のコミュニケーションが必要と考えた
ゴール設定 主体的に協働する為のキーマンとして、意志の疎通と各人の役割を理解するため、自分の動き方のイメージがついている
研修の効果 係長としての役割を理解し、自分自身の役割について考える受講者が多く見られた

主な背景と課題

不動産・建築建設会社のA社では、組織目標を達成する為に、社内の関係性の質を高める必要があると考えた。

その為に、各階層の役割に応じて信頼関係構築の為のコミュニケーションが必要と考え、係長においては双方向のコミュニケーションの中心となってもらう必要があった。

上記経緯より、新任の係長に対して、上司部下の双方向コミュニケーションの中心となって、意志の疎通と各人の役割を理解するために、自分がどう動けばよいのかについて学習する研修を企画した。

研修のゴール設定

・自身が主体的に協働する為のキーマンという立場であると理解している

・上司部下の双方向コミュニケーションの中心となって、意志の疎通と各人の役割を理解するために、
自分がどう動けばよいのかイメージがついている

ゴール達成のためのポイント

Point 1 係長としての役割と心構えの認識

・「職場のキーマン」として行動する為にまず、自分自身への理解を深める

・成果の質を上げる為に、まずは関係の質を上げる事が重要だと理解する

Point 2 上位目標を咀嚼するスキル

上司やメンバーに思いを伝える上で重要な、ビジョン・戦略・目標を理解する方法を学び、自分の言葉で捉え直し言語化する

Point 3 係長としてのコミュニケーション

・上司の役割を理解し、巻き込んで業務を実行する方法を学習する

・メンバーを巻き込み、成長段階に合わせて支援する方法を学習する

プログラム

コミュニケーションを活性化し、組織力を向上させるための期待役割を認識する係長育成施策例

受講者の声

  • 「研修で学んだ内容を実務で実践するイメージを持てていますか。」という質問で、60%の受講者がイメージを持てていると回答。(4段階評価中、4.とてもそう思う、3.そう思う、と回答した割合)
  • 「課長としての目指すべき姿が明確になった」「会社が自分に求めている役割を再認識し、組織の中間層としての考え方・行動を学ぶことができた」など、係長としての役割を理解し、自分自身の役割について考える声が多く見られました。
ビジネスマン
係長としての「目指すべき姿」「具体的なアクション」「良くない事例と理由」が明確になりました。
女性
会社が自分に求めている役割を再認識し、組織の中間層としての考え方・行動を学ぶことができた。

サラリーマン
「参加者全員がまんべんなく発言を求められていたので受け身にならなかった」「コーチングのスキルが高い」「ブレイクアウトセッションが多く、理解が進んだ」ことが良かった点です。

この事例に関連する研修

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
人材育成・研修に関するお役立ち資料はこちらから
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
メガメニュー格納セクション
お問い合わせ
ページトップへ戻る