数字を武器に!人事が押さえるべき、
心理統計データ読み解き方の基礎

セミナーアーカイブ動画

研修アンケートを始め、組織診断サーベイや従業員満足度調査など、実はデータに触れる機会の多い人事部門ですが、その「数値の意味」を正しく理解して扱っていますか?

物事を数値化することは、合理的な議論や判断を行う上でとても有効な手段ですが、一方で、無意味な数字遊びに陥ってしまったり、歪んだ解釈によって間違った結論を導いてしまったりするなど、「諸刃の剣」であると考えています。

本動画では皆様に、データを適切に活用してさらなる価値発揮をしていただくことを目指して、人事部門で扱うことの多い「心理統計データ(人の感情や能力、行動に関するデータ)」を題材に、最低限備えておくべき統計学の基本的な考え方や方法論をご紹介いたします。

こんな方におすすめ

とりあえずアンケート結果の「平均値」を算出しているが、その「平均値」をどう解釈すればよいのか分からない
「平均値」以外にデータを要約する方法を知らず、何でもかんでもとりあえず「平均値」を算出している
社内に蓄積しているデータを活用してみたいが、まずどのような分析手法から試してみるとよいのか分からない
外からは見えない社員の内面の状態を適切に把握し、意味のある施策・打ち手へとつなげていきたい

動画視聴お申し込みはこちら

本アーカイブセミナーご視聴でお知りになりたい情報と、その理由をお聞かせください
お申込みのお客さま以外の視聴・本動画を研修で引用するなどの二次利用はお控えください。
当社Webサイトの「個人情報取扱い同意書」を必ずご確認ください
当社Webサイトの「反社会的勢力への対応について」を必ずご確認ください

貴社の人材育成プログラムを見直してみませんか?
アルーにご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9:00~18:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
人材に関するお役立ち資料はこちらから